丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

【旅日記・初日】~熊本の暑い夜

8月10日午前4時。目が覚める。さすがに明け方は涼しいが、動いていると汗が出てくる。6時過ぎにパッキングを済ませ出発。今日の目的は鹿児島・鹿屋に行くこと。とりあえずR3を南下することにした。

それにしても市街地での野宿は苦労する。大阪でも長崎でも…。だからこそ余計にいい場所を探したくなるというもの。昨日寝たここも明るくなると、夜ほど悪く思えない。不思議なもんだ。

氷川町・道の駅竜北で休憩。ごみを捨て、姫路から法事で来たというおじさんと話す。いい一日になりそうな感じだ。

かつて250では難所だった「三太郎」も、アフリカでは何事もなかったように通過。そして鹿児島県に入り、午前10時前、道の駅阿久根着。クーラーの効いた部屋で涼む。東シナ海の水平線に圧倒される。6年程住んだ鹿児島だが、改めて外海のスケールを思い出す。そしてきれいだ。こうも美しかったか。とうとう鹿児島に入ったという思いが、さらに感覚を解放する。

ここで一人の旅職人と出会った。60代以上と思われるその男性は、静かにそして実に楽しそうに旅の話をしてくれた。乗るのは韓国製の50ccスクーター。自身のスタイルに合わせて様々な改造がなされており、また激しい転倒の跡からこれまでの過酷な旅の様子が垣間見える。パワーがないので海沿いの峠道は苦労すると言いながら、何と小千谷ナンバー(新潟)。これからの予定を聞くと、ほとんど自分と同じ日程を刻むようだ。50と750が同じ移動距離、しかも失礼ながらその年齢でこの炎天下、野宿をしているのだというから恐れ入った。それも無理をされているようには思えない。何かひとつ勉強になった気がする。

ようやく昼過ぎ鹿児島市内のレッドバロンに到着。3台のバイクを買ったかつてのなじみの店に、迷ってなかなかたどり着かなかった。時間の経過か、記憶の低下か。少々フロントの圧が下がっている。帰ったらチューブの交換が必要だな。

ここまで予想以上に時間を費やしてしまい、しんどい。高速走行よりも、国道をひたすら下り市街地のゴー・ストップが混じる方が数倍疲れる。意外ともう6時間も走っている。ただ今日は色々と回りたい気持ちを封印してまで、鹿屋行きが優先。初めての就職。そして今につながる職業との出会い。そして人との出会い。その特別な地へ向かい、特別な人に会う。今回の旅の一番の目的は、そこだ。

早速かつての上司であるマイミクあとむさんに連絡。懐かしい声に「いつでもよかよ。」と、うれしいお言葉。迷わず直行することにした。ただし陸走で。今回のテーマは原点回帰。桜島フェリー経由ならずいぶん早いが、思い出の錦江湾沿いを走ることに意義があった。


R10を東へ。桜島が近い。懐かしい。何度ここを走ったか。バイクでのツーリングはもちろん、車でもいろんなシーンが蘇ってくる。そして霧島市国分敷根からR220を南下。もう国分市ってないんだ。九州でもたくさんの合併、新市町村名に出くわす。迷うわけだ。垂水へ下り、さらに鹿屋を目指す。遠い。こんなにかかったのか。当たり前のように走っていたルートが、ずいぶん長く感じる。

そして迷いに迷ってついに会社へ到着!10年前の課長みなさんで迎えてくださった。平日の業務中にもかかわらず。ああ、懐かしいな。最初のY課長、異動したあとのT課長ことあとむさん、結婚して新居に電話を下さったU課長、兄貴的存在だったN係長… いるいる懐かしい顔が。2年もいなかったのに、本当にありがたい。休憩室でゆっくり思い出話や近況に花を咲かせた。

どうも天候が崩れるとの話。昨日の阿蘇周辺での雨雲を見ると、一時的なものでも侮れない。一日位宿寝は想定していたので、今日はどこかに泊まることにする。ところがあとむさんがホテルまで案内してくれた上に、「よか」と宿泊代まで…。本当にありがたい。感謝の言葉もない。

部屋に入り、汗を流す。ふう。着替えてあとむさんと居酒屋へ。予想もしないそしてうれしい展開となった。そしてここでかつての先輩であるマイミク36さんとも合流。10年前の企画課の再現。36さんも自分同様、上司あとむさんとは8年ぶりだという。2次会、締めのラーメンと遅くまでいろんな話をして本当に楽しかった。仕事においても大きな刺激をいただき、また旅の途中で元気をいただいた。あっという間だった。自分の原点はここだ。何かの節目にはぜひ訪れたい。次の再会を約束し、午前2時に別れた。

部屋で荷物の整理。飲んでいる間コインランドリーで2日分の洗濯をしていた。ゆっくり寝られないが、明日は朝食つき。まだまだ出会いは続く…旅の前半。

<本日の走行距離:300km>

とうとう来たこの日。
ブランクを差し引いて前々から準備はしていた。2時間ですべての用意ができていた10年前のようには行かないはず。
前日までに仕事はやっつけ、パッキングは済んだ。装備を固めて、いざ「行ってきます」。

8月9日午前8時出発。少々ぼおっとしている。早速最寄の早島ICに乗った。大学時代の友人、マイミクみーたんに会うため目標は午後4時熊本入り。それまでは高速をひた走る。
老体アフリカよ、今日の高速連続走行が最初の難関だ。一緒に頑張ろう。前後T63が少々不安。

めったに乗らない高速を走っていてさえ感じる眠気、そして暑さ。2時間半も走った頃、宮島SAで早くも2度目の休憩。盆前の平日とあってバイクは見ない。

昼過ぎ富海PA。結構きついな。まだ250kmほどか。暑い。ものすごい日差しだ。もう何本スポーツドリンクを飲んだろう。全身を汗が流れ、時折吹く風が心地よく感じる。

最初の給油はリッター19.9kmだった。思ったほど伸びてない。いろんな面で予想を上回るタフな旅になりそうだ。


午後4時半熊本ICを下り、長かった高速から解放された。でもこの辺りは雨が降った後の様だ。路面がぬれ、重苦しい雨雲が近くにある。阿蘇も近い。以前はよくこのエリアで雨に降られたものだ。この先の天気に不安がよぎる。

マイミクみーたんに連絡をとる。久しぶりだ。13年になろうか。同じ学部でバイク乗り。それでも実は接点は少なかった。懐かしい熊本弁が九州感を増大させる。
ところが子どもを病院に連れて行かなければならないらしく、すぐに会えそうにないという。市街にある江津湖の公園が野宿場になるのでは、ということで、早速向かう。

…到着。うーむ、正直かなり悩んだ。
好意は好意として非常にありがたいのだが、市街地に近く人気も多い。死角になるようなところを探して歩くが、自分の野宿観からして泣く泣く却下。お風呂も近いし便利そうだったのだが、蒸し暑い中これ以上時間はかけられないし、初日の高速走行の疲労を取ることを優先し、移動することにした。

県道28号線を益城方面へ向かう。ごちゃつく市街地を抜け、「ここから先なら何とかなりそう」といった感の新しいコインランドリー前で休憩。再びみーたんに連絡。これこれこういうわけでと言うと、とりあえずそこに行くから待っててと。ありがたい。決して彼の家から近くはなさそうなここまで、俺なんかのために来てくれるって。子どものことが心配だろうに、同じ親として恐縮。

そして彼は来た、赤いチェロキーで。懐かしい!変わってない!などと昔話もほどほどに、日も暮れかかった現在時刻から逆算して、デッドの近い風呂探しからスタート。地図には載ってなかったが、幸い彼がここ寺迫よりほど近い「益城町・町民憩いの家」というところを知っているというので、直行。うん、新しくて最高だ(300円)。駐車場で寝ることは断られたが、二人で一風呂浴びる。気持ちいい。走ってきた甲斐があった。この汗と埃を流す瞬間。


問題はここからだ。
車で野宿経験のかなりある彼は、知っている限りの近場の候補地に次々に案内してくれる。
しかし… 暗い。裏道抜け道を駆使し、最短ルートで連れて行ってくれるが、光が少なく地面の状態が掴めない。こっちも10年ぶりだし、勘も鈍っている。ここも、またここも。厳しい、眠い、腹も減ってきた。

これで最後と向かった先で、惜しくもタイムアップ。もういいよ、みーたん。ありがとう。もう10時を回っている…
彼もバイクでの野宿はないし、第一これは個人的感覚が大きい。俺が良くても彼が駄目だという場所もあるだろう。今回はその逆だったのだ。感謝の言葉をかけ、別れた。13年ぶりに会って数時間。闇から闇へのドライブは明確な目的と残念な結果、そして素晴らしく貴重な思い出を持って終わった。本当にありがとう! 今度はぜひゆっくり会おう!


さて。
再び彼の地で独りになった。コンビニでビールとおにぎりを3つ買う。しばらく地図を眺め、宇土市の立岡自然公園を目指す。?どこだろう。やばい、気持ちが折れそうだ。この時間、こうしていることが辛くなってくる。そうするうちに、近くの道徳山公園(宇城市松橋町)を発見。しばらく上り坂を進むが、あまりの狭い急勾配にびびり下山。結局上り口の外灯の下に決定。県道から一本入っただけの死角。明るい割りに目立たない。これ以上の探索は危険と判断した。<後で分かったことだが、この両公園ともなかなかきれいで日中なら素晴らしい空間であっただろう>

エンジンを切り、荷を解く。訪れる静寂、遠くの明かり。長い一日が走馬灯のように脳裏をよぎる中、最短でテントをたてた。
軽い格好に着替え、テントの中へ。市街に近いので、虫除け処理も。ビールをあけ、おにぎりと別れ際みーたんにもらった辛子レンコンを食らう。ふう。


まあいい。夜が明ければこっちのものだ。折角遠くまで来たのだ、せめてこの状況を楽しもう。旅は思い通りに行かないもの。でも今日を精一杯生きたから、ここで寝られるのだ。蒸し暑く汗の流れる中、眠りについた。

<本日の走行距離:585km>