丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

近況+親バカ日記+この一年

今年もあと少しだ。
年男だかなんだか、いろいろあったなーと
こどもが生まれたり、家を買ったり、少し仕事に自信が出来たり。でも逆にお客さんを激怒させてしまう結果にも2度なった。これも経験。
上の子がロタウイルスや飛び火になり、敷金問題もあり。
バイクでは一緒に行った人が事故にあったり、アフリカも引き上げたりと維持が大変だった。目に見えて乗る時間も減って来たしな…。その分家族といる時間を増やしているわけだが。


上の子もその後はやはり風邪をひきずったのか、シロップの副作用がおさまっても朝からぐったりしてたり、夜中に突然吐いて朝までたいへんだったり。こう書くとなんてことないが、たまたま代休をとっていた日、家内は一日中コインランドリーで布団を洗ったり乾かしたり、自分もその始末とよしよしに明け暮れた。そんな雨の日もー。

この土曜は、いよいよ閉まってしまう「倉敷チボリ公園」の見納めに家族で出かけることにした。
でもその前に、自分としては超異例の3時間弱走に。9時半出発の12時戻りで…。
12/20のこと、まことに快晴の適温で、ほんとーに走り倒したい日だったが、ここは我慢。
実は家から自転車でも5分くらいのチボリ。何とか元気になった子どもたちと出かけ、昼過ぎとはいえ行列の出来ている駐車場を尻目に、安いところに停める。久々だ。独身の頃、家内と何やら飾ったはずのでかいクリスマスツリーが出迎える。ちょっと奮発してたくさん飲み食いして、乗りたい乗り物に並んでまで乗った。たまにはいーか。ケチな俺でも。


お菓子や果物のかたちをしたぐるぐる回る乗り物、うちの子はどうしても「いちご」に乗りたい。待ってる間にぐずぐず言い出し、順番だからねといちごじゃなくても我慢しようねと。でもぐずぐず、だっこー。いよいよ番が来ると、前の子がいちごにぴょん。あー、終わった。その瞬間。一目散に「桃」に。もう切り替わってハンドルを握って出発を待ってる 娘「ねーねー、みぃちゃんは何でももなの?」 俺「いちごを見れるからね(ほっ)」

メリーゴーランドもしっかり棒を握りしめて大満足。観覧車は諦めたが暗くなってとてもきれいなライトアップに、家族みんなでなくなることを惜しんだ。娘「何でチボリなくなっちゃうの?」 俺「いつも今日みたいに、人が来ないんだよ」







翌21日は、通ってる音楽教室の発表会。毎日家のキーボード(嫁さんのお古。なぜかヤマハのV50)で練習してる。あめをもらえるために、がんばって
いや、自分と決定的に違うのはこういう場を嫌がらないことだ。俺はまったく駄目だったな。ムダに緊張する、気持ちが弱い、力が出せない、今でもか でも当人は着ていく服や持っていく袋、そん中に入れるおはじきを選んだりとっても楽しそう。みんなに喜んでもらえるからと雑誌の付録まで持っていくって。途中寄ったおばあちゃん家でおもちゃの指輪をなくしたと大騒ぎ。でも本物の指輪をお守り代わりにもらって、すっかり元通り。

でまた、風邪かなんかで二人同じクラスの子がいなくて急遽一番に演奏することになって、さらに合唱も手薄になったものの、仲良しのまなちゃんがいて何事もなかったかのよう。今までで一番上手に弾いて、ちゃんと名前を言ってちゃんとお辞儀もできた。そっからはそこらへんの子と遊んでばかりで、何度も遠くから叱るはめになったが、最後の先生の演奏のときもまなちゃんと振り付きで大きな声で歌えたし、みんなと仲良くできたからいい。この中で一番年下だから、落ち着けってのは無理があるか。

もうひとつ面白いことがあった。後ろの席で下の子(10ヶ月)をだっこして見てたんだが、この子が「はとどけい」の一節をすっかり覚えて、言葉も出ないのに「ふっふー♪」と歌うように。おかげでみんなに注目され、才能あるなーなんて声が。しっかり音程がとれてるし、ぐずらなかったし、この子も向いてるのかな?なんて。

ほっとする親を尻目に子どもたちがご機嫌なうちに、ケンタ(ッキー)に。毎年恒例でクリスマス時期にしかもクリスマス前の休日の晩ご飯はここから持ち帰ることにしてる。ささやかながらも、家なりのクリスマスの行事諸々、楽しめたこと、しあわせを実感した休みだった、とさ