腰と谷。

CW/CD系会社員。ex.印刷製版系DTP。GS/TB/水産/倉敷。

水害、その後 〈平成30年7月豪雨〉

2018年7月7日土曜日。

避難先から戻ったのはこの日の昼前。結局自宅にとどまった母が昼食を持ってきてくれた。割と近くにいるのだが、父親だけ小学校に避難したらしい。(集団避難生活を拒むのだ、無理もない)

今朝方コンビニで買った焼きそばを子どもたちは先に食べていたので、自分がその昼食を食べながらこれまでの話をした。クルマは乗れるものの、足の手術をしており歩き回るのには不自由する。

 

その後、洗濯をしたり横になって休んだり日常と同じことをするうち平常を取り戻しつつあった。本当にありがたい、幸運だと思う一方でテレビの画面に映る、想像以上に酷い状況に絶句、これが自分の住む家だったらと思うと本当に恐ろしかった。

 

今朝方家内と合流した後、一度は家内の実家の無事が確認されたのだが、それ以降連絡がつかなくなった。テレビ画面の惨状が家内の実家のごく近く。あの見慣れた風景が信じられない状況になっている…絶望と希望とが混乱する。これは東日本の津波のようではないかとさえ。

 

それでも疲れがどっと出て何度も寝てしまったが、ネット上には救助要請の画が次々と。同じ状況になってやしないか、地区の名前まで同じだ。「助けてください」これをシェアしたとしてこれは有効な手段なんだろうか。拡散を仕事にしている今、まったく逆のことを考えている。でも相変わらず連絡はつかない、どうしようもない。そんな夜になった。

そんな中、横浜に住む義母の妹さん一家から電話。姉の安否について知っていることはないかと。知る限りのことと昨日までのことを全部話しをしたが、果たして。

 

 

 

2018年7月9日日曜日。

今日になって雨も止み晴れ間さえ出て来た。水位もかなり落ち着いてきて、午後には避難準備情報やだいぶ長かった大雨特別警報も解除。とっくにこの辺は日常になっていたが、自分としても安心できる状態になった。(これを書いている今も大雨洪水警報が出ているが)

 

自動車屋からも電話があり安否確認ついでに自動車の問題はないかと聞かれ、取りに行った眼鏡屋でもその話になった。水道水が飲めないという情報もあり、飲料水をとりあえず10リットル程確保。水道は出るしガスも生きてるので、煮沸は可能。それに伴って大容量の手指消毒液も買った。ホームセンターでは、長靴がかなり買われていた。底が抜けないようにという、これは明らかに水害に合われてこれから掃除をするのだろう。うちは本当にラッキーだ。連日の雨通勤でくたびれたレインウェアも新調。今頃は透湿防水素材を謳ってても、数千円で上下が来る時代。

それと自転車で出たのだが、明らかに普段少ない裏道にクルマが来ている。ナビが誘導しているのだろうか、県外ナンバー、泥のついたクルマが通勤路に並ぶ。ずっと鳴っているヘリの音。増え続ける被害者の数。この日常・非日常の合間。それでも自分は無事じゃないか。余計なことに力を使ってはいけない。

 

真備町では電話が通じないらしい。それに断水、市内の学校がこれから二日間休校になるのでその間、ここで過ごしてもらうことになった。大きな被害のある地区にいながら、奥の高い位置に住んでいたため難を逃れていた。そして何とか道も通じている。山が崩れなかったのが更に幸運で、このときばかりは日頃の不自由さが生きたのかと思った。

 

明日提出の企画書はもう自分の中では完成していたので、CCのやり取りにそれどころではなかった。また落ち着いたら、今回の教訓に準備や決めごとをしておこう。

 

今はこんなことしか書けない。残しておきたくてこの気持のまま書く。

思い出したら追記するかもしれないが、書く。書いておく。

はじめての避難 〈平成30年7月豪雨〉

2018年7月6日金曜日。

そう言えばここ数日ずっと雨が降り続いていた。

乾かない合羽を着続け、雨用にと買った合皮のスニーカーを履き続けて出勤している。もうすぐ、やっと梅雨らしい梅雨だと呑気なことも言っていられなくなるようになるとは。

そしてどうも状況が深刻になり始める。JRや高速道路に影響が出始め、会社から安全第一に動き、早めの退社を促すメールが来た。

何とか月曜提出の企画書を修正し、週末の動きに対応し出社しなくてもいいようにPCを持ち帰る段取りをした。

子どもたちは警報が出ながらも暴風でないため普通に登校したのだが、通学路が安全であると確認できたので普通に下校させますとのメールが入った。(※5日の時点で警報が出ている。)

 

倉敷市が避難準備と出た。この先のことはわからない。でも、ここは海沿いや山沿いじゃないしとか、やっぱりまだ具体的に自分の行動にリンクしていなかったと思う。かろうじて帰り、子どもたちの無事を確認。安心する。

しかし。待てよと。

万が一でも状況を想像したことはあったか。もしこの通りになったら、自分に関係ある地域が対象になったら、もしあの川がこうなったら、、、知識も物もやっぱり圧倒的に準備不足じゃないか。

地震がある度に備蓄や持ち出しの必要性を感じつつ行動を起こしていなかった。しかし時間がない、まず避難所はどこだ。何を持ち出せばいい?子どもたちにとってはただの週末、話し合ってくることもなかったなあ。まずは情報を集める。

小学校までは遠い。現実的なのはイオンモール倉敷の立体駐車場、そして坂の上にあるクラレの事業所。ただクルマがない。仕事に行っている家内とはあとで合流するとして、イオンか、、、。

最低限の荷物を、、、何がいるんだろう。貴重品、常備薬、着替え、ウエットティッシュ、タオル、暑くは無いはず、しかし量にも限界がある、明かりや腰のことも考えとこう。不安が一度に来る。持っていける食料は殆どないが、焼いてない食パンやコーンフレークを子どものリュックに入れる。万全じゃないのはわかってる。わかってるけど。

 

強まる雨脚、鳴り止まない警報。家が安全なのか自信がなくなってくる。どうしたらいいんだ。子どもを寝かせる。早めに寝ておけと言いながら、何があるかわからないからと。言いたくはないが、辛い。…

いつもは週末、土日を楽しみにしてる子どもを風呂に入らせ、体力をつけておいてと言った瞬間、爆発音と振動。不安が走る。え?何、何なんだこれは?結界なのか、地震なのか、落雷なのか。親として何も答えられない。でもすぐTwitterに投稿があり、どうやら爆発事故のようだ。報道より早い情報を初めてリアルに感じたが、不安がる子ども以上に不安だった。・・・

 

とうとう防災放送が鳴る。何度目かだが、今度は具体的だった。「小学校か、イオンモールに避難をー」とうとう来たか。寝たばかりで混乱する子どもを起こし、なぜ雨の中夜中出なきゃいけないか落ち着いて説明しながら、一応銀マットや傘も持って合羽を着て歩く。何がどうなるかわからない、ごめんな。

歩いて5分。渋滞が始まっている。近所の人もさっきの放送で動き出したようだ。立体駐車場に入ると安心だが、どこに取り付こう。こんなの子どもは初めてだ。座れるところを探す。色んな人がいる。これだけのスペース。まず頑丈さと高さで命は大丈夫、夜さえ明かせば物資もある。

 

その時、偶然ご近所のOさん発見。安心した。さらに、クルマの中にお子さんたちどうですかと言っていただき、ご厚意に甘える。素晴らしいな、この余裕を持てるお人柄、本当にありがたい。自分も一度はご主人の助手席に乗せてもらうが、バケットタイプの2シーター。やはり長時間は無理だった。鍵開けとくんでご自由にどうぞとまで言っていただける。言葉もない。

 

止めている場所が屋上なので車外に出ると濡れるため、歩いて階下に降り居場所を探すことにした。歩きまわるうち、クルマと建物外側の間に大きな隙間がある場所があり、そこに銀マットを敷く。適度な明るさ、涼しさ。野宿経験を活かす。持ってきた水筒を飲む。水道水に氷と塩砂糖を入れただけ。いつまでいることになるのだろう。

 

ときどきOさんとショートメール。安心した子どもたちは眠れているらしい。ありがたい。そして家内も職場近くの小学校に同僚の方と避難したよう。うちの親には、かなり渋滞なので近くの小学校をと伝えたものの、結局家にいたらしい。。。

 

…降り続く雨。でも今はこの瞬間はマットの上が涼しく、カラダも伸ばせて楽だと言える。早く止んでと祈るばかり。この辺になってくると情報を遮断したくなってきた。あまり眠れない。

比較的場内は安定していて大きな混乱もない。開けてくれたらとかトイレどうしようとか聞こえてくるが、この辺はやはり日本人なのか。いろいろ想定していたものの、極めて落ち着きのある避難風景だった。

 

この日は一時間が早かった。あっという間に朝方になっていた。まだ暗いものの、雨も止まないうちにクルマを出す人が出てきた。どういう判断なんだろう、自分はまだこの先まだ降ることや警報も無くならないこともあり、水位が下がってくるまではと思っていたのだが。

 

朝方家内と合流。無事で良かった。クルマも来た。そしてOさんには厚く御礼を言って、自分のクルマに移動。とは言え子ども同士居れたことはとても良かった。本当に感謝。

 

とりあえず雨雲が午後には抜けそうなのと水位もその辺りがピークなので、そこまで持てば帰ろうということになり、一旦駐車場から下りてみると驚いたことにコンビニも通常営業。清掃業者のクルマも居て、支えてくださる方の存在を思い知った。

 

10時近くになるとイオン本体が開店準備を始めた。開くんだ、、、。もう家に帰りたいという子どもを連れ、場内を歩く。まだここに留まる人もいるだろう。ただこの距離にこの建物があったことは本当にラッキー。他にもご近所さんも多く安心できる場所だった。ただネット上では想像を絶する状況下に、同じ市内でも置かれており、言葉もない。この差は…

一晩頑張ったご褒美に書店でマンガを買う。考えてみるとこんなに長い時間一緒にいたことも久しぶりかなあ。帰宅の途に着くと、この辺りの用水路はとにかく水位が低かった。当然家にも水は来ていなくて何事もなかったのよう。本当に幸運だ。早速ゆっくりする。疲れていた。張り詰めていた。

 

 

ーしかし情報が入るに連れ、倉敷の被害状況がわかり恐ろしくなってきた。家内の実家は、真備町なのである。

生きるということ

f:id:exmaruisu:20180610150730j:image

何だかすぐれない。

何をしても何をしなくても、どこか楽でない。情報に正解はなく、真面目さは裏目であり、気にするな論も医者にかかれも正しい。

1年間ストレッチを続けた。骨盤と姿勢を正そうと日々と運動を気を付けた。でも右足に違和感が現れ余計バランスが崩れたのか、結局腰が重い。

そして余計な心配も増幅する。心配しなくていい8割じゃないのか、この先どうなるんだ、何を否定して何を肯定したらいいのか…

そんなとき目にしたこの新聞広告。人間とはこういうものだと言えてはいたかもしれないが、実際生きてみろと言われたらやっぱり楽になりたいと願う自分しかいなかった。苦しみの情報からは無関係でいたかった。この見出しにさえ、考えさせられ救われる。


f:id:exmaruisu:20180610151754j:image

そしてこの社説(朝日新聞6/9)。

生きられなかった思い、大人たちの責任。自分とは、生きるとは…。


f:id:exmaruisu:20180610152052j:image

横になり涼しいうちに自分を取り戻そうと、四度目になる「木村本」。最近週末は何もせずだ(家の諸々はやってるつもり)。好きなものに触れていると忘れられる。

 

なかなか重い日。歳とともに楽に生きるはずだったのに、体中の筋力も功を奏さず、そんな単純じゃあないぞと試されてるのかなあ。

でもこれが人間、生きるということ。

 

なのかな。

…はぁ


f:id:exmaruisu:20180608221639j:image

今日出た6種類の薬。

ちょうど一週間前に気づいた踵の違和感。

腰の相談に乗ってもらっていた整骨院の先生は何だかかなり簡単な見立てだったから、医師である同級生のアドバイスもあって、最初に腰を診てもらっていたクリニックへ行った。

ごく狭い範囲に出るかかとの上の痺れと、特定の体勢で出るぴりっとした痛み。一応糖尿病の血液検査もしたが「抹消神経障害」と言うことになった。それも範囲が先の先で狭く、原因を特定するのはほぼ不可能ではないかと。

色々な可能性を挙げられそれを排除していく説明の間、かなり凹んだ。坐骨神経痛?脳神経?…はぁ

ネットを見ても中々ズバリそのものが出て来ない。足底筋膜炎かと足のサポーター買ったりモーラステープを貼るも効果なく、アキレス腱でもない。しかも右だけ。足の甲を起こしてなおかつ太腿の裏を伸ばしたときにどうやら痛みが走る。痺れは常にあるのだが、普通に過ごしている分にはあまり影響がない。

ただ痛みが出るポイント(ほんの一瞬)になるまいと無意識に庇い無理な体勢でいると、どうしても腰が重くなる。なかなかの悪循環。

と言う訳で、神経なんかに効く薬を飲んで様子を見ようとなったのである。(そこから先はより専門的な機関で、ただ長引くかも知れないと…)


f:id:exmaruisu:20180608224807j:image

痺れはこの親指の第一関節の範囲。痛みに弱く神経質な性格なのは認めるよ(整骨院では気にするなと…)。でも本当に何事もない健康って有り難い。普通に過ごせることって、不安も痛みもない生活って、当たり前じゃないんだ。

 

あー、それにしても次から次へといつまで続くんだ〜。先月皆でツーリング行ったときも勝手に腰が重くなって大変だったのに💧

 

人生、人生。

 

作業終了

GW後半2日目、それにしても荒れ模様;

時折降る強い雨と一向に上がらない気温、何より風が凄まじい。若い頃と違って強い風って嫌になったなあ。(昨日自転車漕いでてかなり思った)こんなとき大きめのカーポートにしといて良かった。ほんと。

 

というわけで昨日の続き。こんな巨大なタンク外したくないが(鍵とボルト1本でここまで来る)、バッテリーのマイナスを外すために持ち上げざるを得ない。
f:id:exmaruisu:20180504134500j:image

 

そして昨日決められなかった固定位置を、インパネの右下側面に。両面テープで固定しなければならないのでどうしても平面が必要なのだが、1150GSには平らな面が少ないんだよなぁ。インジケーターの下も良かったがハンドル切るとフォークが当たる。もしくは反対の左下側面か。僅差でこっちとする。
f:id:exmaruisu:20180504134751j:image

 

さてそこからソケットのコードをどう取り回そうか。向こうを覗くと激しく狭い。何ともギッシリ詰まったマシン。うーんうーんと考え、竹ひごを繋いで針の穴を通すように持って来るとする。
f:id:exmaruisu:20180504135505j:image

 

持って来たソケットの端子、近かったのでマイナスはバッテリーに繋ぎ、プラスはオスのギボシを付けて、電源ヒューズに付いてたメスのギボシに接続。結局買ってきた端子はほとんど要らなかった。※案の定一度カシメに失敗。
f:id:exmaruisu:20180504135236j:image

 

かさばるフリータイプのヒューズ電源もボックス内の空きスペースを使って押し込む。蓋のスポンジを削り、コードの導線を切り欠くなどして何とか蓋が閉まった。
f:id:exmaruisu:20180504140428j:image

 

まずはこの状態でチェック。以前買ってたシガー→USB変換ソケットを差す。通電ランプは点かない(正解)。そして、キーをひねって初めて、青いランプが点いた(成功!)。このあとスマホを繋いで無事充電するのを確認。取り敢えずキー連動での充電の仕組みは出来た…。
f:id:exmaruisu:20180504140844j:image

 

全景。昨日のスマホホルダーと。近々走って試してみよう。
f:id:exmaruisu:20180504140813j:image

 

そうあとはこれ…眠っているiPhone4をウェアラブルカメラにするケース(防水+広角レンズ)なんだが、もうOSが古くてナビ専用にも出来ないしカメラくらいしか使えない。でもこのままだと給電できないしなあ。以前はヘルメットにこのケースを付けて撮影してたんだけど、穴を開けて充電できるようにするか(たぶんまず穴は開かない位頑丈な素材)、裸のまま車載をさせてみるか、次の宿題。

BELEX Optrix iPhone4s/4用アクションカメラキット XD4 http://amzn.asia/cPoeXMl
f:id:exmaruisu:20180504142715j:image

GS in GW

GWの前半、昨日29日はもろもろ調子よく真庭→新見と走った。

ただただあてもなく、心地良く、何もせずの200キロ。

f:id:exmaruisu:20180501115145j:plain

f:id:exmaruisu:20180501115203j:plain

f:id:exmaruisu:20180501115214j:plain

f:id:exmaruisu:20180501115223j:plain

空も緑も水も全部きれいで、青くて緑で。暑かったけど何とも気持ちよかった。偶然見つけた林道…以前なら入ってたなあ。懐かしの青看板。

 

で、今日は前から気になってた電源周りの課題を。

昔ながらの地図も好きだけどどうも検索に慣れてしまってナビ専用機も気になるしでもケチでお金は使いたくないし転がってるiPhone4があるけどどのナビアプリもOSが大気圏外。後々これはドラレコ化するとして、オフラインナビを検討してみる。でも無料でオフライン対応となると流石に使い勝手は…。試しにバッテリーのみでタンクバッグに入れてみたけど早々に熱にやられてしまった。(iPadでも以前ツーリング中に眠ってしまったなあ。やっぱり専用機もかなあ。)

一応防水スマホなんで雨の時はすぐ退避させ、それより熱対策としてケースに入れずにホルダーに付けて使ってみたい。ただ…どうもこの昔からメカが苦手で特に電気系統は絶望的。読んでも読んでも頭に入らないという言い訳と甘え。化学も物理も駄目という高校理科の教員免許を持ってるけど、やっぱり先生にならなかったのは正解。

せめて充電位は楽に出来ないかとか考えて(足元のヘラからケーブル引っ張ると色々大変だと分かったし)、バッテリー直は避けたいけどリレー使うのは二の足を踏むなあということでまずはヒューズから取ることに。※不安定になればリレー用電源に


f:id:exmaruisu:20180430191934j:image

1150GSのヒューズケースこれ。情報無い中探し回ると…下から4つ目が7.5Aで”Horn”(英語版のPDFがあった)。しかもイグニッションに連動してる(このために検電テスター買った…)。BMW純正?のヒューズは上に穴が空いてないので一般的なヒューズに替えて測ってみた。(こうして並べて上から見ると使い勝手は一目瞭然)

意外と常時通電してるのも多く他は色々兼用してたり4Aだったりしたので何とかここからとりたい。のだが、ホームセンターやオート○ックスには平型7.5Aの取出し電源が無かった。

(追記)ていうかそもそも平型の取り出し7.5Aは無いんだ…

エーモン/ヒューズ電源/製品一覧ページ

 

で、今日は改めて○りんかんに行ったのだが、やはりない。取り敢えずスマホホルダーでも買うか…意外と高いな。目を付けたYATTAH(DEF-BM3)のを当ててみるが、微妙にアウト。1150GSのハンドル周り意外と空きがなく、また細いバーが通っててここに合うホルダーもない。仕方ないのでMINOURAのスペースグリップというのを使うことにした。本来は自転車用か?

Minoura Japan – SGS-400
f:id:exmaruisu:20180430203845j:image
f:id:exmaruisu:20180430203900j:image

付属のスペーサー全部かまして何とか。質感はとてもいいのだが微妙に動く…かな。どしてものときは、手持ちの平ゴムでもかまそう。

 

さて問題は次だ。肝心のスマホホルダーが組み立てれない💧単純なはずなのに…説明書もないし何だこれ💢 何故だか、2つしかない部品が結合しないんだな…。こんなことなら○りんかんの駐車場で組み立てたら良かった。暑くてやめたんだけど

DEF Yattah Bike Mount ハンドル&シリコンマウント DEF-BM3 |の通販|RIDEZ

※なぜか公式サイトもない?アマゾンでもこの形式はないとか。
f:id:exmaruisu:20180430204130j:image
f:id:exmaruisu:20180430204116j:image

※完成イメージ。これはただ乗っけてるだけで下のスペースグリップを掴んでる部分と、スマホを掴む部分が全然合体しない…

 

そうそうホントはこのシートに付けてるDAYTONAのサポートシートゲルも、1150GSは全くの想定外らしく強引にゴムで結んでるだけ。これも擦れていつか切れそうだなあ。
f:id:exmaruisu:20180430204817j:image

効果あるだけに何とかしたい。

 

家に帰って作業すると店に用事が出来てしまうバイク乗りあるある。というか結局一歩進んで二歩下がった感。うー

ひとくぎり

もうどこから書いていいやらわからないほどだが、この4月1日、倉敷美観地区に「語らい座大原本邸」がオープンした。語らい座 大原本邸|OHARA HOUSE KATALYZER

今の倉敷をつくり、日本の近代化に大きく貢献した大原家。国の重要文化財であるその旧邸を一部公開し、地元・歴史・家・人のこれからを考えていくキッカケになれば、という施設。そのミッションは、「大原家の生き方を、現代人の明日へ。」

その語らい座大原本邸に企画段階(2年半前)から参加し、最終的には(というかいつの間にか)CDという立場でミッションから各展示コンセプト、表現、コピー等関わらせていただいた。いやはや長い道程だった。

思い返せば本当に色々あって、K君に声を掛けられたのが最初の最初。それは某イオン○ール岡山と同じ、「代打起用」だった。ミッションの言語化のため、つまりはコピーライターとして。

そして次は「地元なのに」の壁。名前を知っているだけの美術館に入ったことはなく、油絵40年の母親がいながら興味も関心もない。そして元クラ○の父親がいながらその歴史も知らず、それらを一度に向き合うことになってしまった。

知識、いや歴史観・地元観と言ってもいい。その乏しさに打ちのめされ、とにかく資料に当たり話を聞き、少しずつでも自分の感覚に取り込む他なかった。

それでも目的は何だ、その先には何がある、今の時代はどうだ、人はどう生きているのか、倉敷はどうか、、、毎日そんな雲を掴む様な見立てと仮説を繰り返し、歴史や地元に距離を感じる自分自身に重ねようとした。その結果、認識の差を埋めよう、まずここから遠い意識にフォーカスさせよう、説明より直感に訴えよう…となった。

次はどこと組むかだ。広告、それも印刷畑の自分は空間演出など初めてだし、そんなブレーンも知らない。ダメ元で声を掛けたのは以前別のコンペで戦った相手のN社さん。何しろ何もかもがゼロなのに、よく快諾され長期に渡りこの関係を保ってくれたのだと思う。そう、思いつきを形に無理難題を資料に、そしてその圧倒的な実績以上のチャレンジを続けてくれたのだ。

また、たくさんの言葉を書いた。たくさんの展示案を描いた。コピーを評価される一方、それ以上に潰えたし、プロジェクト全員の頭脳の高さ(学歴)に自分の論理性など常に揺らいでいた。

それでも結果的には、ほぼ当初から考えた通りになったと思う。水産〜印刷〜製版と歩いてきた自分が、200年以上の歴史を背負った空間を作るなんて➖。

この2年半を通して理解は多少なりとも深まったし何より倉敷が好きになったと思う。何も知らず縁だけがあった地元のことが。縁といえば、元コンペチターだけでなく、実はご近所だったりローカルサミットで繋がっていたり、何とかつて父親と同じ仕事場にいたりと、最後までご縁に始まりご縁に救われたと思う。


f:id:exmaruisu:20180414235506j:image

↑一番いい季節に。

 

f:id:exmaruisu:20180414235556j:image

↑入ってすぐの暖簾に館長の言葉。中身も素材も随分検討した…


f:id:exmaruisu:20180414235642j:image

↑土間のハイライト、ふりそそぐ言葉。何をするか、何を掲げるか、どこから引くか、それは何故か。調べ、書いて、選んだ。

 

f:id:exmaruisu:20180415005217j:image

↑つみあがる必然。代々の歴史を情報ではなく圧倒する存在にしたかった。具現化への道のりたるや。この巨大構造物がここに存在する奇跡。


f:id:exmaruisu:20180414235905j:image

↑この家で。二転三転した企画は、最終的には逆転劇を生んだ。音という奥行き、そしてリアリティ。

 

f:id:exmaruisu:20180415000247j:image
f:id:exmaruisu:20180415000150j:image

↑倉の中。初めて通史を年表にしたのではないか。

 
f:id:exmaruisu:20180415005342j:image

↑ブックカフェ。すべてはここから始まった。タイトルを見るだけで興味が湧き人が見える選書家という仕事。


f:id:exmaruisu:20180415000349j:image

↑思索の間。ここは庭がコンテンツ。孫三郎も見たであろうその景色。

f:id:exmaruisu:20180415000020j:image

f:id:exmaruisu:20180415000056j:image

↑お披露目は盛大に。

 
f:id:exmaruisu:20180415000439j:image
f:id:exmaruisu:20180415000518j:image
f:id:exmaruisu:20180415000550j:image
f:id:exmaruisu:20180415000615j:image
f:id:exmaruisu:20180415000702j:image
f:id:exmaruisu:20180414235950j:image

思い出、、、本当にありがとうございました。

 

(追伸。お蔭で社長賞など頂き、一度は無くなりかけた自分の立ち位置も「CD/CW」と名刺に加わることになりました)