丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

台風一過

f:id:exmaruisu:20170918123552j:image

台風18号、久々にすごかった。

昨日の晩は台風の滅多に通らない岡山でも一晩中ケータイが鳴った。

それでもこの辺り暴風雨もいっときで避難の範囲に入ることもなかった。

ほっとして朝を迎える。

 

爽やかな空になった。いつものコースを歩きたくなった。

久々に息子を誘う。

友達と遊ぶようになって初めてか。

ほっとくと超インドアなうちの子。

 

水かさの減った用水路、魚の姿を探しながら歩く。

結構大きなサイズがいる、打ち上がっているのもいる、思ったより数もいる、

オイカワか、うっすら婚姻色が見える。

そして色々なトンボ。興味あるようだ、全部勉強。

算数が苦手みたいだけど、好きなものからでいいや。

(その割にマイクラとベイブレードに使う脳は凄い)

 

昔住んでた社宅跡、友達の家から帰る景色はこんな感じ、塀のある家が多かった話、

学区だ自転車だと決まりを守ることなく冒険した話を

特に退屈することなく、うんうんと聞いてる。

歩くスピードが速い。

背は随分低いし(自分の幼稚園時代位)運動も得意じゃないけど、

毎日遠い学校往復してるだけある。

 

結局二つ三つ隣り合う地区をぐるぐる歩いて昼前に帰宅。

意外と1時間以上歩いたらしい。

近いのにひとつ曲がると新鮮、何気ない会話も楽しかったようで、こういうのいいな。

次はやっぱり勉強とゲームとイラストに浸かるお姉ちゃんと歩こう。

 

 

…追記

その後昼から夕方までずっと外で遊んでた息子。

(そして自分自身も夕方もう一度歩いた)

やっぱりこどもは外でみんなと遊ぶのが一番楽しい。

なので夕食はリクエスト通り、からマヨ丼とロースカツカレーを買いに行きましたとさ。

散歩

太陽フレアがあった日、メキシコで秋田で熊本で地震があった日、

何故か自分はというと、滅多にならない頭痛になり心も絶不調。

前日耳にしたあの絶望感からか、例の案件の惨状を目にしたからか、

CDなんて幻想と誤解の賜物だったからか、

いややっぱり太陽フレアのせいか。

兎に角影響といえばそれだった。

 

耳の後ろ辺りチクチクと不定期に来る。

病院までバイクに乗るがまったく気が晴れない。

痛みの間隔も空いてきているので心配ないのだろうが。

 

そんな今日もまた夕方から歩いた。

何せ腰は軽い。

この季節この時間、夢と現実の境のような楽しみ。

どこか懐かしさのある断片を集めてる。

f:id:exmaruisu:20170909232520j:image

f:id:exmaruisu:20170909232538j:image

f:id:exmaruisu:20170909232600j:image

f:id:exmaruisu:20170909232613j:image

子どもの頃の視野、視点。

夕暮れ、家路を急いだあの感覚。

少し遠い地区の公園、高いフェンス、ブロック塀、路地。

f:id:exmaruisu:20170909232715j:image

友達の家で過ごした感覚。

そこにしかない物、羨ましさともまた違った。

f:id:exmaruisu:20170909232739j:image

f:id:exmaruisu:20170909232807j:image

そして見上げることのない視線だったと思う。

でも空はあの頃と同じ。

f:id:exmaruisu:20170909232831j:image

f:id:exmaruisu:20170909232854j:image

学区の外など行けない時代。

今度子どもたちと同じ道を歩こう。

この感覚を覚えておいて欲しい。

住んでいた町の風景を。

えらい。

色々あったな…今日はT_T

蒸し暑い夜をとぼとぼ帰宅すると

息子は今日からまた始まったラジオ体操に備えて既に寝てて、

(ちゃんとソファに畳んだ着替えと判子押すカードが置いてあった)

娘は明日が登校日ということで感想文の仕上げ真っ最中。

でもふと見ると息子はもうひとつ工作を完成させてて

娘は2枚目のポスターを完成させてた。

 

えらい。

 

 

…しかしこの暑いの登校するだけでも大変だ。

エアコンじゃなくても、過ごしやすくできないものかな。

快適な1ヶ月とのギャップを思うと想像に余りある。

いろんなことを考えた

最近よく酒津公園まで歩く。

f:id:exmaruisu:20170820211412j:image

バイクに乗れなくても、腰が張っていても、企画が進まなくても、

ここら辺を歩くと不思議と取り戻せる感覚になる。歳だろうか。

f:id:exmaruisu:20170820211658j:image

薮に目をやると2匹の子を乗せたショウリョウバッタがいた。

生物に興味を持った子どもの頃。怪獣のような格好良さを感じ、昆虫や水棲生物に夢中になった。

裏山に川にと分け入り、日が暮れて学区を外れ、それでも網を振っていた。

今うちの子に、どうしたらそんなリアリティが伝わるだろう。

理科離れ、自由研究、ネット、ゲーム。使わなかった高校理科の教員免許。

f:id:exmaruisu:20170820213043j:image

小学3、4年と近くの社宅に住んでいた。西条(愛媛)から転校してきたあの日は雨だった。

その後同じ学区内に引っ越し、初めて社宅じゃない家に住んだ。中古の家、今の実家。

同じく候補に上がっていた家は、別の家主が住みまだ残っていた。

倉敷を都会に感じた35年前。鉄筋3階建の校舎、当時県下一1600人もいた小学校。

f:id:exmaruisu:20170820213930j:image

今日本当は一瞬でもバイクに乗ろうかと思ったのだが、娘の自由研究に付き合うことに。

いやそれ位腰の調子は悪くなかった。

先週小走りに出たものの、夜の集まりでストレッチが余計で早退。1週間の一進一退。

f:id:exmaruisu:20170820214628j:image

それでも結局筋肉痛の類なので、張りが逃げれば軽くなる。
姿勢に気をつけて、それこそ骨盤からまっすぐにしていればよい。そして固い床で寝る。
ようやく付き合い方がわかってきた気が。無理させず、正しく休ませ正しく対処する。

f:id:exmaruisu:20170820214741j:image

伯備線を渡り青江神社の階段を上がる。

この蒸し暑い中、何人かとすれ違った。酒津公園内と溜池の周辺はもっと人が多いが。

f:id:exmaruisu:20170820215141j:image

途中振り返ると倉敷の市街を見下ろす。何だろうこの感覚。

市内でもここから15kmほど離れた玉島で生まれ、その後愛媛や鹿児島で暮らし、常に薄かった地元感。

今、こうして落ち着いて歩いている。

f:id:exmaruisu:20170820215715j:image

賽銭を入れお参りをし境内を抜ける。研究所の坂に出た。

この坂は中学の陸上部時代、よく走りに来た場所。しんどい思い出が蘇る。

そう、生物の他には走ること。小学校までは自分より速い人を知らなかった。

f:id:exmaruisu:20170820220218j:image

長い長い棘がある植物。こういうものも格好いいものだった。

武器にしたのか、棘だけ集めたか。

f:id:exmaruisu:20170820220442j:image

視線を落としたこんな風景こそ、あの頃の自分そのもの。

何か落ちてないか、生き物がいないか、常に探していた。

そして必ず、何かがあった。

f:id:exmaruisu:20170820220708j:image

老舗の醤油工場を抜ける。街に溶け込み、道が通っている。

あまくからい匂い、見学者募集の貼り紙。

大型商業施設が正に通学路を消してしまうように出来てからは、街の風景が変わってしまった。

でもこの辺りは何も変わっていない。一切。

夕方友達の家から帰る景色、ボールをぶつけられたあの日、壁の高さ、用水路の魚。

f:id:exmaruisu:20170820221515j:image

溜池に戻って来た。夕日と2羽。

 f:id:exmaruisu:20170820234735j:image

酒津といえば公園と用水路。画になる。

が、この歳になり思い出したくないこともいくつかある。

それも全部人生だろうなんて、何を今更。

f:id:exmaruisu:20170820235232j:image

そうしてふと見上げるこの空もだ。何も変わらない。

毎週土曜日集団下校の輪を外れ、一目散に公園の場所取りに走った。

ソフトボールの練習は、いつもH地区と競走だった。足の速かった自分はこの2km強を取りに行く役。

今日はその公園の中を通らないで行こう。

f:id:exmaruisu:20170820235719j:image

八幡神社。変わらない。

ここもなぜか安らぎを感じる、大きくはないが綺麗な杜。

f:id:exmaruisu:20170820235914j:image

そして。

ここが例の社宅の跡。たった2年の鮮烈な時間。社宅という独特で強固なもの。

長くはいない皆が他所者、それでいてすべてはここであり温かった。

電子ゲーム、パソコン、ソフトボール、地区別リレー、剣道。

当時の風景は、変わり果てた今でも重ねられる。

f:id:exmaruisu:20170821000359j:image

この辺だろうか、当時住んだ家。生垣か木の塀で囲われていたはず。

車庫があり、わが家の最初の自家用車だった。マイナーなシビックのセダン。

いろんなことがあり、いろんな始まりだった。

当時の近所の子たちは今何してるだろう。学年が違っても同じ会社の中、皆で遊んだ仲。

出会いまた別れるんだけど、持ち家に住むともうあんな関係はなくどこか寂しかった。

 

…そんなことを思い出しながら歩いた。

そう。社宅、引越し、転校、研究所、社宅、大型商業施設、そして今進行中の仕事。

すべて繋がっている、そんなことをようやく思い起こし受け入れ、だからこそと考えられるように、

ようやくなったのだと、歩いてるうちに。

 

そんな場所、酒津。

 

宿題、完成。

7月30日。

f:id:exmaruisu:20170820111651j:image

ホームセンターで長い板を買い、ほぼ正方形に切ってもらう。厚みと長さ、値段のバランスに悩む。本当は分厚い固まりみたいな木が欲しかったけど。その他サンドペーパー2種、着色水性ニス(メープル)、水性塗料(黒)、筆、ハケ、クリアラッカー買う。

 

8月5日。

四角く切ってもらっただけの板を、手鋸を借りて駒の形に切ろうとするが、暑いわしんどいわで早々に断念´д` ; 小学生の頃、通学途中に見ていた実家近くの木工所を思い出してお願いすると、快く完璧に切ってくれた。

f:id:exmaruisu:20170819153237j:image

そこに粗めのサンドペーパーをかける。

f:id:exmaruisu:20170819153446j:image

おっ、いい感じかも。

 

8月11日。

重厚な感じにしたく着色もできる水性ニスを塗る。ここから息子登場。

f:id:exmaruisu:20170819154314j:image

何度か重ね塗りして、次に細かいサンドペーパーをかける。

f:id:exmaruisu:20170819154532j:image

文字はパソコンで出力した紙を切って使うことに。

f:id:exmaruisu:20170819155241j:image

左利きの息子は習字がキライ。自分なら太い筆でいきなり書くだろうけど、この辺CD父。まあ不器用というか、おとなしいんで。

f:id:exmaruisu:20170819155928j:image

で、こんな感じになる。

f:id:exmaruisu:20170819160008j:image

かえってめんどくさいけど、まぁ。

 

8月13日。

いよいよ文字入れ。

f:id:exmaruisu:20170819160322j:image 

彫刻刀で彫らないことにしたので、できるだけ重ね塗る。

細部の仕上げは、、、CD´д` ; ほぼ完成。

f:id:exmaruisu:20170819160422j:image

だいぶ盛駒感出たと思う。

 

そして今日。

裏に書く言葉…は、結局決まらず大きく日付を入れた。

ここは100%任せた。そしてクリアを吹いて完成。

f:id:exmaruisu:20170819160952j:image

実は裏に新聞の文字が写ってサンドでも取れなかったんだけど、

そこは子どもの失敗感と手作り感で思い出になるだろうとそのままに。

ま、雰囲気は出たんじゃないだろーか。

 

よかったよかった(^^) 

 

 

歯痒い

f:id:exmaruisu:20170730202146j:image

もうすぐ8月。

GSを買って1年、夏休みもあとひと月。

早い。

ここのところ、ちびまる子ちゃんサザエさんだけじゃなく、

満天青空レストランと志村どうぶつ園が早い、早すぎる。

一週間が一瞬。時の流れが激しい。

猛烈なカウントダウン、人生の。

 

という訳で、急いで感想文の課題図書を借りに図書館に行くが、

皆考えていることは同じで、

検索すると市内全図書館の全課題図書が貸出中かつ返却待ち数十件。

結局書店で買うことにした。

決して安くない本、時々でいい。最初は嫌でも文字を読んでほしいな。

自分は大人になるまで全く活字を読まなかったのだが、

ゲームと漫画の間に、世の中をリアルをもうひとつ、考える時を。

 

あー、クルマで移動してると腰に悪いな。

クッションを挟み、テープを貼り、書店の駐車場で薬まで飲んだが、

この往復だけで限界…情けない。

一旦帰って、自分だけ自転車で再度ホームセンターへ。

今度は工作の材料を仕入れに。

頭に中だけで描いたもの、出来るかどうか上手くいくかどうかはわからないが、

乗り気になっているうちにと、諸々。

 

旅に出られないのはまだしも、

何処へも連れて行けないのが、歯痒い。

でも子どもたちは、全然それが苦じゃなくて、

楽しく呑気に暮らしてるのが一番らしく、

文字通り休んでればそれでいいらしい。

でも。

 

悪いな、ほんと。

孤高

f:id:exmaruisu:20170717234609j:image

なんかいる。

f:id:exmaruisu:20170717234632j:image

サギだ。

f:id:exmaruisu:20170717234655j:image

こんな所から何を見ているんだ。

 

それにしてもその強さ。

自分は腰のことばかり考えている。

思うようにいかない一日、外に出ると気持ち良くて

色々なことを思い出した。

f:id:exmaruisu:20170717234953j:image

風がある。日陰は心地いい。

f:id:exmaruisu:20170717235040j:image

子どもの頃見た風景や感情が何故か湧き出て

f:id:exmaruisu:20170717235152j:image

怪獣にでも見えたかカッコいいと思った葉っぱや

ザリガニを探しに分け入った川岸の色など

f:id:exmaruisu:20170717235335j:image

次から次へ、そんなことがあったなと思い出した。

いや、思い出そうとしたらしい。

f:id:exmaruisu:20170717235513j:image

 

人生って、何だろう。