コシトタニマトマルイスト

CW/CD系会社員。やっぱり旅に出たい。

無題

というか、久々なのでメモ代わりに。

 

長かった仕事がひとつ終わった。いろいろな問題があった。勉強になった。力を使った。…初めが肝心だなと改めて。

 

そう言えばこんなことがもあった。

近くに住む父親と子どもの事についての意見の相違が。自分の子供時代を考えると、今の時代を考えると、正しいことって何だろう、肯定することの大切さ、否定することの難しさを痛感する。

この歳になってまだ親と噛み合わないのかと思うと残念。単身赴任でまったく親子の時間はなかったこと、それにもう自分の考えもある。言い合いになってしまい、疲れた…。

 

コミュニケーションて難しいな。

正しいことって、なんだろうな。

まだまだだなあ…。圧倒的な結果をサラリとやって見せなきゃならんのだな。

 

大学までスポーツを続けてもその身体を活かせなかった弱さ。気付けなかった時間。すれ違い続けた価値観。

生きるって単純じゃないんだよな、、ましてや仕事なんかビジョンが共有されていないんだ、いい仕事にならないよな。

 

そんな令和の夏。

去った一難

「西日本に災害級の大雨」ということだったが、ここ倉敷は酷くなることもなく警報もなく、取り敢えず免れた(ようだ)。

 

もうすぐ1年になるあの日の記憶…。

気が重く迎えた週末、いつでも出られるよう揃えた持出し袋、しかし家内は全くでひとりビビる温度差。で結局というか幸いというか。

f:id:exmaruisu:20190630222412j:image

 

結果的にまたしてもの九州、四国そして北陸。あの忌まわしい線状降水帯。

何も知らなかった前回より少しは冷静でいられたが、何度も続くと情報の大雑把さと刻々と変わる変化量はかなり厳しい。何を採用するか試されているようだ。NHKでもYahooでもその先の記事でも、説は色々。空振りでも…とは言うものの、まずもって何をどう判断するかこれが難しい。


f:id:exmaruisu:20190630222942j:image

結局土曜夜も特に何も起こらず、翌今朝は晴れ間さえ時折見せ、その後にわか雨はあったものの県内の水位は上がらず取り敢えずセーフ。

 

ああ、ほっとした…。

 

 

実は金曜の夜から色々あったのだ。仕事での行き違いがふたつと息子の発熱。前日東京3時間滞在も往復は雨だったのにと余計気が重かった。

 

最悪も考え定時でノートPCを持ち帰る。息子は早退して病院に行ったものの、意外に落ち着いていて幸い解熱剤も要らなくなった。仕事の方も「何とか」週明け仕切り直すことに(ぎりぎり)。そんな土日💧

 

休んだ気がしな…いや何事もなくて良かったのだ。愛媛、熊本の知人も無事でよかったし。(まだ予断許さないが)

 

気が張ってたからか、急に眠気が。

昨年みたいにひと夏越すのまた消耗戦かなあ…

#それでも雨の中の陸上日本選手権見て思い出された青春の日々

#あのコンディションで自己ベストとか日本タイとか

ありのまま言うと

多分伝わらないと思うけど、今日会社休んだ(正確には一度行って送ってもらった)状況を。

 

何ていうか、会社行って座って仕事してたら腰の筋肉ががっしり寝違えたみたいになって、こりゃまずいと。PC立ち上げて、ライン送ってたら急に来て、あ。

 

伏線1。昨日プレゼンがあった。企画段階からかなり力いる案件だったんだけど、『ちゃんと読む』系が苦手で、それも以前ある会議で突然発表出来なくなって、声震え冷汗かきながら何とか終えたんだけど、その時のことがフラッシュバック。質疑応答はできるのに…、と思ってこれ書いてて思い出した。小6位の時国語の本読みでこうなったんじゃないかな…何か、確かきっと。

でまあ、昨日は企画書作業で力使ってた上にプレゼンで全身緊張させちゃった感じ。

何度もプレゼンしてるのになあ。

 

伏線2。今朝から雨でレインウェアの下に荷物背負って自転車乗ったんだけど、その姿勢が悪かったか。

 

一瞬のうちにみるみる腰が張ってきて、日頃から腰はケアしてきたつもりだったんだけどかわしきれなくて、やめとこと即断。我慢せずに若手に家まで送ってもらった…という。

 

大きな湿布2枚貼ってるけど、がちがちだ。

ストレスって、わかりやすくカラダに(もココロにも)ダメージ与えてる。

 

各所申し訳ありませんが、休みます。

 

ただ救われるのは、今日が金曜ということ、雨がもうやんだこと、意外と涼しいこと。

重なるる

5月31日。手術を終えた母の退院の日、

スイスから姉が一時帰国。

誕生日休暇を取っていたものの、

会社に寄ってPC持って帰る羽目に。

 

ここの所初動で難航している企画作業。

そして委員会の方も上手く行ってなかった。

力のいるやり取りの日々。

 

土曜は2時間走れたが、

日曜は一日中PowerPointの前に。

そして今日も。

諸々調整し作業も一旦目処が立ったが、

昨日まで元気だった息子が熱風邪。

毎年崩すとしたらこの時期の様。

自分も一日企画書作業で、

カギとなる筈だった委員会の会食にも行けず、姉にも母にもろくに会えてない。

 

久々に重なりまくり。

痛み

今日は母の手術の日だった。

以前やった人工股関節手術のもう片方。僕は打合せを終えて午後から病院に入り、9階の広くて見晴らしのいい窓際の一角で、手術が終わるのを待ちながら仕事をした。

 

途中大きなコルセットをした人を何人か見た。痛みの程度を理学療法士の人と話してる。ああ、これは大変だな。自分の場合は、自分でどうにかなるレベルなんだな。

 

午後6時。やっと呼ばれて担当の先生の説明を聞く。手術自体は成功。

手術前の状態、一回目の手術後、そして今回の手術後。それぞれのレントゲン写真を正常な画像と合わせて丁寧に教えてくれた、ガタイのいい頼りになりそうな先生だった。

しかし、これが生まれ持ったものなのか。スポーツが得意で僕の小さい頃はいつもテニスやバレーをしていた母。最近まで海外に行ったり車で九州に行ったりは本当に平気な行動派で。だからこそ、リハビリの後は心配ないらしい。そんなもんかあ。

 

そして病室へ。まだ麻酔が効いて朦朧としながらも看護士さんの呼びかけに何とか応え、しかし痛みに唸っている。痛みに強い母がね。いや、よく頑張ったよ…痛みに弱くメンタルも弱い自分など、側にいるだけで苦しいから。そして何も出来ない無力感。

数日は痛みが強いのは前回も同じ、わかってはいるが。それでも術後に行けてよかった。うわ言の様な会話も少し出来たし、1ミリでも力になれたと思いたい。帰り際しっかりと手を握り返してくれた。後は皆様宜しくお願いします。

 

手術前の痛みが無くなりリハビリは大変だが元気に歩けるようになる手術。それでもまずは痛い訳で、結果的には間違いなくよかった…んだけど、

俺だったら、耐えられないよなあ。弱

重なり

今日、母が入院した。

前と反対側の股関節の手術に。高齢だけど片側はやって良かったとのことで、動ける内に動ける選択をと。前向きな決断、頭が下がる。ちなみにまだ1150も入院したまま。

 

今日、息子は最後の遠足だった。

家からすぐの公園なのに、毎年真逆の学校(遠い)に登校してからみんなで公園に行き、一旦学校まで戻ってから最後にやっと家に帰るという無駄な2往復感。でも今年は初めて楽しみだって言った。

 

今日、懐かしい奴から電話があった。

10年前同じ職場にいた、唯一無二の尖った奴。ネットで名前を見つけたからと、何も変わらない声で奴は笑った。

 

 

月曜は、母の手術だ。

昼から数時間かかる。初日は特に痛いらしい。僕は付き添うことになっている。どうか無事に。

 

月曜は、娘の修学旅行だ。

九州方面なのは昔からだが、今年は民泊をするらしい。時代は変わった。どうか楽しんで。(南部を中心に今朝地震があったのは心配)

 

月曜は…、例のアレだ。

どうかうまく行け。


f:id:exmaruisu:20190511001617j:image

 

試練 the GS

令和だ。10連休もいよいよ終わる。今日は奇跡的に午前中から出れる、という訳で以前ならつまらないと思ってた蒜山方面へ。やっぱりバイクは乗れてなんぼ。恵まれてたんだなあ、今まで。

 

長時間乗るのも何なので、あの四国九州旅以来3年ぶりの高速に乗る。本当に最高の天気。左パニアだけを装着しメッシュジャケット持ち倉敷ICへ。

や、快走快走。やっぱり1150、余裕である。渋滞表示があり今後の気温上昇を考え、早速最初のParkingでメッシュに。ただ渋滞は短時間で済んだのは幸運。バイクは上りに多そうだ。時折6速に入れる程度でのんびりと巡航、蒜山ICを下りた。


f:id:exmaruisu:20190505115103j:image

道の駅風の家があまりに多そうなのでコンビニ?つるやへ。腹拵えに巻寿司を買って食べる。うまい。予定は無いがこのまま蒜山大山スカイラインK114へ。


f:id:exmaruisu:20190505115502j:image

いいな、やっぱり。いつでも来れると思ってた頃は何のありがたみも無かったが、今になってみると近場の良さとは一段上の自然美。

 

鬼女台展望台は予想以上に多くてパス、鏡ヶ成に。

f:id:exmaruisu:20190505115857j:image
ここもまた多かったがそれ以上に広い。クルマもバイクも集まってるし、何より芝の上でのんびりとデイキャンプしてる人の多さ。正しい休日かもな。


f:id:exmaruisu:20190505120140j:image
そのままK45を少し北上。関金の方へ抜けるので東大山養鱒場でU。美しい大山。

 

今度はK45を西進、奥大山スキー場。f:id:exmaruisu:20190505120554j:image

山にGSはよく似合う。結局ずっとメッシュで正解。この辺りも18℃程。

 

そして鍵掛峠。

f:id:exmaruisu:20190505121100j:image

ここも絶景ポイントなのでまあ多いこと多いこと。昔より減ったとは言えピース✌文化は無くならないなあ、いまヤエーてのか。

と、正にエンジンかけたままこの写真撮った瞬間、アイドリングが不安定になって止まった。あ、このイヤな感じ。一瞬これまでの記憶が走馬灯。この先どうなるのか、再始動できるのか、周りの反応は、目の前の車は出るのか、今何時だ、、、

焦る。慌てる。さっきまでの最高感は消え失せ、兎に角冷静を装い開け気味に再始動。かかった…回転落とさないようにまずは来た道を戻る。

なんでだ…前もあったぞ、直ってなかったのか…もう何度目か…。吹屋で撮影中同じ様にガス欠風にエンスト、再始動後高梁で引上げた記憶が蘇る。同じだ…あの時とまったく。止まるな止まるなと祈りながら、ひたすら帰るという作業。高速の方が良いのか、いやリスク考えると…。結局下道を選択。

 

だましだましR313をひたすら下って何とか落合まで来たところで、交差点で再発。何とか再始動したが、今後の可能性も考えこの辺で一旦止まってお店に連絡しよう…この先にスーパーあったはず…。

f:id:exmaruisu:20190505122606j:image

ふう、ここなら待てる。広い場所、となりはホームセンターにコンビニも。…電話するとすぐ引上げに来るという。ありがたい…が、安心して走れるのが一番で。

コンビニでパンとジュースを買う。これも大きい。これを逃すと引上げまでの時間が命取りになる場所もある。

目の前の道をバイクが何台も通り過ぎる。やっぱり乗れてなんぼよな。走行するうちGSの二人組(1200とF6?)がこの駐車場に入ってきた。旅の途中か大荷物、食料の買い出しのようだ。いいなあ、何だこの落差は。

 

1時間ちょっとでトラックが来た。f:id:exmaruisu:20190505132632j:image

流石プロ、よくこんなのを乗せるもんだと毎回。自宅まで乗せてもらったが…いつ直るんだろう、そしていつ乗れるのか。いい季節に乗れないのは、やはり痛い。が、お陰でInstagram繋がりの1150GSユーザーさん何人も情報を頂いた。怪しい最有力は燃料ポンプ。ありがたいこと…こないだの100RSさんといいこれもまた経験になった。これからも乗るために。

 

そんな1日。