コシトタニマトマルイスト

CW/CD系会社員。やっぱり旅に出たい。

まっすぐ生きる

夏休みが終わり、台風が何個も発生した。

各地に災害をもたらした。

長い、そしてまた酷い夏だった。

 

いつ終わるのかとコピペしたような週間予報がようやくましになり始めた今日は、娘の中学校最後の運動会だった。運動場にプレハブの並ぶ去年から、陸上競技場での平日開催になった。

 

仕事場から昼前に自転車で向かう。

f:id:exmaruisu:20190913233607j:image

中学時代は陸上部だった。あの頃ここはまだ土のトラックで18mmピンのスパイクを履いていた。(左手の薬指を踏まれ運良く爪をかわして貫通したことがあるって、言ったっけ?)


f:id:exmaruisu:20190914001300j:image

フェンス越しの外に立つ。木陰は風もあって凉しい。反対側は遠過ぎて諦める他ないが。

 

騎馬上の騎手が投げ縄の様に重りを振り回し積んである一斗缶を倒すという新しい(戦わない)騎馬戦の後、3年生の踊り。


f:id:exmaruisu:20190914001834j:imagef:id:exmaruisu:20190914001924j:imagef:id:exmaruisu:20190914001944j:image

f:id:exmaruisu:20190914002049j:imagef:id:exmaruisu:20190914002106j:image

じん…

こんな動き、組ごとに違う色、あの頃無かったこの華やかさ。いや違う。あの頃より数倍酷いこの猛暑の中、毎日毎日信じられないくらい陽に焼けながら練習していたからだ。

土の運動場より過ごしやすい、汚れない、芝生で転けてもダメージは少ない。いやそうじゃない。あの頃よりよっぽど一生懸命やってるのだ。

何故か娘を見つけられないまま、

涙が。

 

午前の部を終え、つけ麺食べに出る。f:id:exmaruisu:20190914003003j:image

 

昼一は名物の部対抗リレー。美術部の娘は巨大な鉛筆と消しゴムをバトンに走る(部内ではかなり速いらしい…)。当然陸上部はユニフォームに正規のバトンと面白くもないが最も速く、逆に剣道部は体力とは無関係に袴が邪魔で走れず、大概後方に回る。

f:id:exmaruisu:20190914002906j:image

残念、娘は反対側の100mだったようだ。

 

f:id:exmaruisu:20190914003558j:image

白熱必至。食ってやろうと野球部が前に出れば陸上部がそうはさせまいと本領を発揮。このコスプレとちゃんとハンデがある所に伝統を感じる。

 

そして最後の女子400リレー、男子800リレーまで見届けてから帰る。(結局僕は高校でも陸上を続け400をしていた)  が、普通の中学生にトラック半周はきついだろう。それでも皆本当に一生懸命走ってて、また各持ち場の係役の生徒も、一生懸命仕事していた。

 

ふと思った。

 

背の高い子も低い子も鍛え上げて筋肉質な子もふとっちょな子も、スポーツが好きでこの日に賭けている子も普段ゲームばかりしているような子も、みな一生懸命頑張っていた。真っ直ぐに。それが素晴らしかったのだ。

 

自分はどうだ。

誰よりも足が速く誰よりも大きく、小中高大と運動を続けていたのに、なぜ真っ直ぐに一生懸命に出来なかったのだろう。

今日だって目立たない持ち場の子も、二人三脚のスタート直後に転けてしまった子も、投げ出すことなく一生懸命にやり遂げていたじゃないか。

ろくに努力もせずに格好ばかり気にして、今でも斜めに生きているのではないかと、強烈に気付かされた気がした。

 

剣道をやめ、跳躍に逃げ、400からも逃げ…生物、デザイン、そしてコピー。余所見ばかり言い訳ばかりして来た。

真っ直ぐに、真っ直ぐに生きていたら良かった、美しかった、正しかった、迷わなかった、強かった、そして楽しかっただろう。

 

まだ真っ直ぐに生きられるのだろうか。

そんな、13日の金曜日

f:id:exmaruisu:20190914002125j:image

それはない

時の流れ、人の心ということか。最早その理由も失って来たのか、役割も終えたのか。とにかくこないだのは目に余った。

 

世の中の見方、店の人への態度、災害…昔から知ってるとはいえ、こうも残念だと言葉がない。期待してたとかそういうんじゃない。人として大人として、…いややめとこう。

 

残念だよ、とにかく。その辺の輩だったじゃないか、真上から世の中を斬ってたけど。いろんなことご存知なんだろうけど。いいご主人でありいい父親なんだろうけど。

 

飲み方で人が見えるよ、この歳になってさ。

夏休み

肉屋のおかみさん、モデルみたいだ…

あ、「小さな村の物語」な。流石小さな村でもイタリア…。美しい風景、人の描写、自分にとってこんなうれしいドラマはない。思わず見てしまう。

 

小6の息子、せっかくワークをすぐに終わらせたのにそこから止まってしまって、計画やテーマ、今年こそ自分で決める約束が守られてなくって、どうなってんだと叱る。

実は成績も良く性格も穏やかなんだけど、大人し過ぎて水泳も将棋もやめたのにSwitchとYouTube以外に何か見つけて欲しくて…って大袈裟かな。考えてみたら自分もピアノも剣道もやめてパソコンにのめり込んだ、ちょうど同じ頃。

 

一通り叱ったら一気にやり始めた。聞いても答えなかった感想文も、読み終わって下書きも終わってたよう。俄然書き始めた。こういうのも必要かな。絵のテーマも自分で決めてとりあえず一安心。

 

そうこうするうち息子の親友A君がやって来た。町内の夏祭り(盆踊り)に呼びに来てくれたのだ。ちょっと自分が体調悪くなってたのと、なにせこの暑さもあって行かないつもりだったけど、喜んで出て行った。ありがとう。

 

胃薬も効いてきたかな。食欲出てきたら夕食買いに行こう。娘はもうすぐ試験で課題も多く大変そう。でもぶつかりながらも話をよくしてるつもり。これが大事な時間だと思って。今日の物語の様に、うちも家族の時間が薄かったから。

 

小学校最後と中学校最後の夏休み。特別ではないんだけど、無駄にしたくない。ここんとこ仕事も公募もうまくいってないし、会社の立ち位置も何だか…。

 

でもこの物語みたいに素敵な一生になれたらいいなあ。誰と比べるでもなく、遠慮ない仕事して…息子を叱れる資格も、言葉書いたり企画したりする資格、ないなあ…いやほんとに

 

いい仕事、したいわ。

無題

というか、久々なのでメモ代わりに。

 

長かった仕事がひとつ終わった。いろいろな問題があった。勉強になった。力を使った。…初めが肝心だなと改めて。

 

そう言えばこんなことがもあった。

近くに住む父親と子どもの事についての意見の相違が。自分の子供時代を考えると、今の時代を考えると、正しいことって何だろう、肯定することの大切さ、否定することの難しさを痛感する。

この歳になってまだ親と噛み合わないのかと思うと残念。単身赴任でまったく親子の時間はなかったこと、それにもう自分の考えもある。言い合いになってしまい、疲れた…。

 

コミュニケーションて難しいな。

正しいことって、なんだろうな。

まだまだだなあ…。圧倒的な結果をサラリとやって見せなきゃならんのだな。

 

大学までスポーツを続けてもその身体を活かせなかった弱さ。気付けなかった時間。すれ違い続けた価値観。

生きるって単純じゃないんだよな、、ましてや仕事なんかビジョンが共有されていないんだ、いい仕事にならないよな。

 

そんな令和の夏。

去った一難

「西日本に災害級の大雨」ということだったが、ここ倉敷は酷くなることもなく警報もなく、取り敢えず免れた(ようだ)。

 

もうすぐ1年になるあの日の記憶…。

気が重く迎えた週末、いつでも出られるよう揃えた持出し袋、しかし家内は全くでひとりビビる温度差。で結局というか幸いというか。

f:id:exmaruisu:20190630222412j:image

 

結果的にまたしてもの九州、四国そして北陸。あの忌まわしい線状降水帯。

何も知らなかった前回より少しは冷静でいられたが、何度も続くと情報の大雑把さと刻々と変わる変化量はかなり厳しい。何を採用するか試されているようだ。NHKでもYahooでもその先の記事でも、説は色々。空振りでも…とは言うものの、まずもって何をどう判断するかこれが難しい。


f:id:exmaruisu:20190630222942j:image

結局土曜夜も特に何も起こらず、翌今朝は晴れ間さえ時折見せ、その後にわか雨はあったものの県内の水位は上がらず取り敢えずセーフ。

 

ああ、ほっとした…。

 

 

実は金曜の夜から色々あったのだ。仕事での行き違いがふたつと息子の発熱。前日東京3時間滞在も往復は雨だったのにと余計気が重かった。

 

最悪も考え定時でノートPCを持ち帰る。息子は早退して病院に行ったものの、意外に落ち着いていて幸い解熱剤も要らなくなった。仕事の方も「何とか」週明け仕切り直すことに(ぎりぎり)。そんな土日💧

 

休んだ気がしな…いや何事もなくて良かったのだ。愛媛、熊本の知人も無事でよかったし。(まだ予断許さないが)

 

気が張ってたからか、急に眠気が。

昨年みたいにひと夏越すのまた消耗戦かなあ…

#それでも雨の中の陸上日本選手権見て思い出された青春の日々

#あのコンディションで自己ベストとか日本タイとか

ありのまま言うと

多分伝わらないと思うけど、今日会社休んだ(正確には一度行って送ってもらった)状況を。

 

何ていうか、会社行って座って仕事してたら腰の筋肉ががっしり寝違えたみたいになって、こりゃまずいと。PC立ち上げて、ライン送ってたら急に来て、あ。

 

伏線1。昨日プレゼンがあった。企画段階からかなり力いる案件だったんだけど、『ちゃんと読む』系が苦手で、それも以前ある会議で突然発表出来なくなって、声震え冷汗かきながら何とか終えたんだけど、その時のことがフラッシュバック。質疑応答はできるのに…、と思ってこれ書いてて思い出した。小6位の時国語の本読みでこうなったんじゃないかな…何か、確かきっと。

でまあ、昨日は企画書作業で力使ってた上にプレゼンで全身緊張させちゃった感じ。

何度もプレゼンしてるのになあ。

 

伏線2。今朝から雨でレインウェアの下に荷物背負って自転車乗ったんだけど、その姿勢が悪かったか。

 

一瞬のうちにみるみる腰が張ってきて、日頃から腰はケアしてきたつもりだったんだけどかわしきれなくて、やめとこと即断。我慢せずに若手に家まで送ってもらった…という。

 

大きな湿布2枚貼ってるけど、がちがちだ。

ストレスって、わかりやすくカラダに(もココロにも)ダメージ与えてる。

 

各所申し訳ありませんが、休みます。

 

ただ救われるのは、今日が金曜ということ、雨がもうやんだこと、意外と涼しいこと。

重なるる

5月31日。手術を終えた母の退院の日、

スイスから姉が一時帰国。

誕生日休暇を取っていたものの、

会社に寄ってPC持って帰る羽目に。

 

ここの所初動で難航している企画作業。

そして委員会の方も上手く行ってなかった。

力のいるやり取りの日々。

 

土曜は2時間走れたが、

日曜は一日中PowerPointの前に。

そして今日も。

諸々調整し作業も一旦目処が立ったが、

昨日まで元気だった息子が熱風邪。

毎年崩すとしたらこの時期の様。

自分も一日企画書作業で、

カギとなる筈だった委員会の会食にも行けず、姉にも母にもろくに会えてない。

 

久々に重なりまくり。