コシトタニマトマルイスト

CW/CD系会社員。やっぱり旅に出たい。

人生走

f:id:exmaruisu:20191014180414j:image

ふと沙美海岸。

何だか海に来たくなった。

昨日も実は午後から小走りにかようとか円城とか回ったりしてそれなりにバイクもいたんだけど、ここんとこ色々あったからまあ近場でも何でも良くって、用事とコピーの合間。

 

思えばいつも海が近かった。

物心ついたのもこの玉島だし、その後引っ越した西条(愛媛)、両親の実家があった水俣、大学は鹿児島(挙句水産)で。バイクに乗り旅をするようになってからは林道求めて山奥に行くようになったが、やっぱり根っこにあるのは塩水の方。港や潮の香りに引き寄せられる時がある。

 

今日はどんよりしていてちっともいい画にならないが、涼しいし人も集まってる。海はそんなところらしい。何だろう生きるって。

幸運にも何の被害もなかった今回。目を覆う惨状。思考も止まるが、現地のご苦労を思うと…今出来ることは今後の備え。しかし今はと楽をさせてもらう。ありがたい。

 

通り過ぎる風景、鉄工所の佇まい、汽水の魚影、日常のこどもたち。あの頃どこかで見たはずのその一瞬が目の前に再現されるようになった。懐かしいだけじゃない。そこで見た意味や価値を自答できるようになったと言えばいいか。親の気持ちが分かったり、その選択をありがたいと思えたり、出来ることと出来ないことがわかったり、今頃。人生は本当に短い。マラソンの折返し地点であなたはマラソン向きではありませんと判定される装置があるかのよう。余計か真っ直ぐか分からないが。


f:id:exmaruisu:20191014182532j:image

今日は特に何の変哲もない。が、この夕陽と海に注ぐ川の画が自分にとっての原点。買ってもらった網を持ってどこまでも、カメとかエビとかとにかく獲物を追いかけた。持ち帰って飼ってみては死なせてしまって命を実感した。いつの間にか真っ暗な学区外に出てしまって、慌ててただひたすら込み上げる怖さより速く走り続けた。他所の家の夕食の煮物の匂いに早く辿り着きたいと泣きそうになった。

海の近くに行こうとするとそんなリアルな記憶が、きょろきょろと見回す度にやって来る。若い頃の一人旅の思い出がきっとそれを増幅している。

 

色んなことがあったと思うが、何も変わってなく何も出来てないまま、遅過ぎたと気づく。年は関係ないと言う人がいるが、確実に死へと近づいていて世の中も変化していて可能性は減り続けていて。

 

噛み合わない事だらけで、上手くいかない事だらけ。時だけは過ぎていく―。

涼しい、秋の夜。