コシトタニマトマルイスト

CW/CD系会社員。やっぱり旅に出たい。

9月30日(日)台風24号

夜が明けた。

警戒警戒と言われ心身が重い。

一応GSをビニールテープでカーポートに縛る。気休めのようだが、かなり違う気がする。あとバスタブに水をためた。朝8時、まだ静か。

10時。最初のエリアメールと市からの放送。

11時。雨が降り始める。クロネコヤマト走ってる。

11時半。時折横に雨が降るがそれほど荒れない。思ったより進路が東寄り。九州南端から四国、紀伊半島南端を結ぶような線。用意した持ち出しリュックは重すぎた。徒歩なんてとても無理。発信する情報をうまく処理しないと、何にもならない。家族で自分だけがいつもびびってるのが、救いかもしれない。速度が時速15から45と速まってるが、21時大阪上陸予想。夜最も近づくとなると厄介。

14時。激しくなってきた。不安。波はあるがピークはまだ先。南の方の状況を見ると気を失いそう。

15時半。雨風に波がある。何とか持ちこたえている。高梁川の水位も上昇傾向だが何とか平常レベル。時々クルマが近くを走っている。gkbrし過ぎて疲れた。少しだけ気持ちも落ち着いてきた。

17時。いよいよピークか。何とか持ちこたえてほしい。まだ時折クルマが走る。風よ止んでくれ。運動会が明後日になった息子は近所の友達とマイクラ中。みんなお家にいるんだな。あと数時間、あと数時間…。

17時半。小田川の水位が急激に上昇とのことで真備にまたしても避難勧告。辛い、辛すぎる。

18時半。倉敷川、吉岡川も氾濫情報。風が強いのに避難は大変だ。上昇が急なのでいきなり情報よりは推移を発信する必要があるのでは。あと、弱まり抜けるのは22時過ぎそう…。速まってくれ、頼む。

19時。小田川が氾濫危険水位に達する。総社からも避難勧告。今が一番台風に近く、数時間で抜けるのだが…。この一時間がピークで、少なくとも雨は止むはず。一日が長い。警告音の度、すくんでしまう。それにしてもあまりにも慈悲の無いことになっている。

21時。周りが突然静かに。長かった。この間が一番激しかった。とても平常ではいられなかった。洗車機にいるような。特に20時半辺りか。後は水位が収まって、土砂災害が起きないことを祈るのみ。

 

全身の力が抜けとりあえず、ホッ

急に外は秋の音

自宅で何とかやり過ごせた、倉敷、21時