腰と谷。

GSもコピーも下手を生きる仕方なさ。クリエイティブになり損ね、藻掻く人生。

時は残酷なもの

今日初めてカイロプラクティックを受けた。

駅から10分ほど、気になってたキーワードと割安な金額でとりあえず決めた、自宅の一室の治療院。

昨日、これまでの経緯をまとめてみた。

10年前のぎっくり腰に始まり、それから庇うようになったこと、

ここ半年でサイクルが早まり、色んなことを試してること。

 

今まで外科は3院、そして接骨院と大きな病院で診てもらってきた。

でも根本的な言葉は、何一つ言われて来なかった。

今回も半年前にかかった診療所で、背骨が真っ直ぐだと言われたが、

青ざめつつもどうしていいかわからず、

大きな病院でMRIを撮ってもらったが、

結局心配ないと、テープや痛み止めという医者のギブアップコース。

 

医療ってそうなんかな。

こと腰痛なんか風邪みたいなもんで症状より原因が重要だと最近になって思うけど、

最初の頃は疑うこともなくただ治るのを待ったし待てた。

でもこうやって何も改善せず、本人しか向き合わない中、

調べる限りのことはやってみるのに長続きせず、

完治する、8割治ると言う本の題名すら疑わしく思わざるを得ない。

 

かかった医者は皆、心配は増大させてくれるが何も解決してくれなかった。

公私とも日常に支障をきたし、25年乗ってきたバイクすら乗れず、

極端でなくかなり絶望した日々を送り、藁をもすがる思いの今でもだ。

今日も悪い先生じゃなかった。

でも毎日実践している著名なお二人の書かれた本の、

著者も中身も知らず方法すら否定した。

僕らは、何を信じたらいい?

 

気になってたキーワード、それはストレートバック(平背)。

検索すると不安ばかりが募る。

長年の姿勢の悪さか庇いすぎの動かなさ過ぎか。

いずれにしても、予防出来なかったこの症状。

時間はあまりにも残酷だ。

 

誰のせいでもない。

それはそうだけど、諦めたくないんだ。。。