丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

親しみを足すとは

まだこんな目に遭わされるのかー。

 

半年前から携わっている件、

ぼんやりした初動だったものが、

ここ数ヶ月で状況が一変。

ようやく明確なオリエンが出て、

実質一から検討することになったのが先週の話。

 

もう一度話を聞き考え直し書いた。

コンセプトを整理し共有した。

何しろ自分には縁の深い場所の仕事。

このメンバーで自分の感覚が間違っていては、

未来など語れるはずがない。

 

そうして幾つか絞り込んだコピーを基に…

というところで状況がねじれだす。

立場が上のAD、立場が上の営業が加わる。

上がって来たラフは、

ネットで拾った他所のクリエイティブに文字を配置したもの。

コピーは勝手に変えられ、

見出した三つの方向性も守られていなかった。

ビジュアルの雰囲気も考えていたものの真逆で、

クライアントに聞いたキーワードがどこにあるのか聞いても、

「これで問題ない」。

 

自分はCDだと聞いていたが、

コンセプトもコピーもこれほど意味がないのか。

これを発注するのに何ていうのか、という問いには

「これに親しみを足してと言えば済む話」…。

親しみ…ってそこに画があるのに、

画では表現していないそんなに振り幅がある「感覚」を、

たった一言で発注するなんて、

この時間のない中。

 

言葉がなかった。

こっちは少ない手がかりから言葉や空気や風景を手で書き

一から近づいて行ってるのに、

ああも適当で後は発注の一言か。

誰が何の責任を取り、どうより良くしていくのか。

そんなこと考えている自分だけ、

そこにいるべきでなかった。

 

これまでプレゼンして来たのは自分だが、

この状況に混乱している。

コミュニケーションってこんなにも成り立たないのか。

でもこれを地方だ何だって言うのは、

きっと言い訳だ。

 

これが通るなら、確かにCDもコピーライターも要らないだろう。営業的には

でも自分は、もっと良くしたい。

広い広い意味で、良くしたい。

 

志を同じくする人は、

まだ遠い。

広告を非表示にする