腰と谷。

GSもコピーも下手を生きる仕方なさ。クリエイティブになり損ね、藻掻く人生。

一進一退

確かにタイミングもまずかった

土曜日丸一日ゆっくりして回復した(気がしてた)のに、

日曜日は朝から町内の溝掃除。

家の周りだけでいいものの、それなりにカラダを庇いながら動くと、

まあダメージもあるわけで、

細心の注意を払っていたにも関わらず。

 

それでもそっから頑張ってゆっくりし…

ようとしたけど、家内もいないし最低限の家事も食事の用意も

子どもの靴とか洗って、まあ。

 

そしたら今日月曜、朝一段だけだけど階段踏み外したりして、

本気で一瞬だけやばいと思った。

もう本当に普通のことって、健康って、何気ないことって大事に思えてきた。

心配性も手伝って、途中の駅で降りてロキソニン

痛みを感じないのも怖いんだが。

 

まあでもとにかく無理しない。

 

その間に少しずつ動かして、少しずつ強くするしかない。

今も薬が効いてるのか、座っていられる。そして筋肉もやわらかい。

でもこれでいいのかな。たまに痛み、にも似た感じがある気がしてる。

飲んでなかったらヤバかったのか?

って、このストレスもよくないなあ。

 

そう考えると、プロ野球選手で腰痛持ってた山本浩二さんとか山田久志さんとか

大変だったんだろうなあ。よく「痛み止めを飲んで何とか…」って記事では見てたけど

ああ、こういうことかあって、今かなりリアルに思えるという。

 

持って生まれた性質と性格の分、余計なことかもしれないけど、

少しだけまともな人間になれるかもなあ。

そうでなくても何もしてやれない子どもたちが、元気そうにしてると本当に泣ける。

 

…そんなこと言ってて、でも楽になりかけてたのに、

打合せ三件の間の車の移動で、腰がバキバキになった5/24。

あーまた、最初からか。