読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

カブキ記念日

30年間悩み続けた長年の疑問が、ついに解けました。
超マニアックです。ここから

それは、ザ・グレート・カブキの入場テーマ曲が、凱旋帰国2試合までと、それ以降では変わったという話で。。。
あの”ヤンキー・ステーション”も、「世界の空軍 AIR FORCE'82 ドッグ・ファイト」の劇伴2曲(Yankee Stationと、Who Comes In Anger)に歌舞伎囃子「その六・翔り」の編集版だが、最初のジム・デュラン戦、鶴見五郎戦までは明らかに違うテーマだった。


◆凱旋試合 ジム・デュラン戦

で、それがカッコイイのになんという曲かわからず、昔からレコードやCDにも収録されず、ネットの時代になっても手がかりがつかめないでいたところ、30年の時を経てついに情報が見つかったとこういうわけです。
それがコレ。
http://d.hatena.ne.jp/big-cobra/20130726

…実はちょっと前の記事なんですが、正解は、『BOWWOWのアルバム「ASIAN VOLCANO」より、「GET OUT OF MY LIFE」』。
ちょっとだけ聴けます。3曲目。
https://itunes.apple.com/jp/album/asian-volcano/id465578420

…うーん、感動。
それにしても、昭和のプロレスのテーマ曲って本当に奥が深いです。

とは言え、会場使用版はイントロ部分を繰り返している感じ。
原曲が判明しただけといえばそれだけ。
でもそれをいうなら、さっきのヤンキー・ステーションもだけど、スタン・ハンセンのサンライズも3曲合体版が会場使用版だもんなあ、、、、、


やっぱり、深い