丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

無理やり高梁へ

※ほとんど書き終わった日記が一瞬にして消えた。凹む。二度目。

ようするにGW最終日に、しかも昼過ぎに出た訳で、今回はあたりをつけて高梁市北部、巨瀬町・中井町
R313からK169、K309で「増福寺」とやらを目指すが、目印がなく迷いこむように入った簡易舗装からダートに変わった道は、4つに分かれた。


手前の上下は、上りが鉄塔ダート下りが舗装で下りる感じ。奥の2本は下りが資材置場で行き止まり、もうひとつが心細くも直進、本線らしい。



…轍もなく土系の不安な路面。登山道か。勾配も激しく冷や汗をかきつつUターン 暑い。

さっきの下り舗装路で下りると、

古い地図には載ってないけどバス停だ。
こんなところにも、バス停。

しばらく走ると林道本谷線の終点標示があった。これだこれ

迷わず入ってみる。


俄然道幅も広く、安定している。

舗装が出てきたところで十字路。左にダート、右に記念碑・秋葉山中継局、その間にもダート。



左の支線に入ってみる。


依然として安定していたが、倒木。ただ油断していると路面が凹凸しているところがあり、持っていかれることもある。幅はあるだけにポテンシャルは高そう。Uターン。

とにかくダートが多い。無数にある支線の中から当たりを探すのが重要かと。
本線を進んで行くと、また分岐ダートだ。

これも安定していたのだが、轍がなくなりまたしても登山道然としてくる。Uターン。

このへんの図。



その後は再びK169、K310、K78と北上し、入谷川林道北端を探すが、見つからない
いくつかアプローチしたものの、ここはまたの機会だ。

※上の図の薄い線が目指す林道。うーむ

結局R313で帰ってきたのだが、午後出の割に充実した135?。
帰宅後地図に線を引いてみると、舗装化された大松林道や穴尾林道、旧新見往来とも近くて今日見た限りでも、さらにつながっていきそうな気配。また来よう。