丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

宿題走なり

今日もまた昨日と同じくゆっくりと。
ただし今日は少々肌寒く一気に冬ジャケット。色々迷ったが、以前走った大松林道を確認しに、またその周辺も走れたらという感じ。

何かバイクが多い。オフもちょいちょい見る。
R180走ってると肉谷橋の西が気になるなあ。なんか有りそう。あとK320入ってちょっと走って川の向こう。これも上がってるぞ~
そんなこんなで「東大松口バス停」へ。

非常に地味だがこれを上がると、意外と明るくきれいで、小さくひっそりとした集落が現れる。ちょっとこれは不思議。それを抜けると、

分岐となる。
ほんといつも思うんだが、あの細くて急な坂の向こうにこういう開けた土地があって人が住んで生活しているのが凄い。




…が、なんと全舗装されてた 今年の2月に来た時(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1676619622&owner_id=8733981)はちゃんと大松林道だと確認できなかったのだが、どうやら前回も舗装工事前の整備だった感じ。紹介サイトより明らかに綺麗だったし…
残念、またひとつダートがなくなった。(舗装林道としては、とても良い感じ)

出口を右に折れるとすぐに別のダートが。


最初は良い感じだったが、轍がなくなり下りがイヤな感じになってさらに地面がぬたってきた所でUターンした。

ならばと前回もいい感じだった穴尾林道を探すが、なぜか全然わからん。近いはずなんだが…。
うろついてると、急な勾配の途中で

「旧新見往来」の文字が。最初だけ簡易舗装がされててダートに変わる。しかしなんだろ。ここまで走ってきた道が「旧新見往来」なのか、この続いてそうな枝道がそうなのか。とりあえず入る。


大きな×?なんか偶然とは言え、やだなあ でも路面はまあまあしっかりしてるし轍もあるし…


良かった。正解。祠もあってそれっぽい。



が、ここで分岐が。
直進すると壁のような急勾配を登る。あるいは右に折れるやや細い道。
急坂にトラウマwのある自分はとりあえず右に。で暫く行くと、

写真では全然そうでもないが、枝道らしく轍も道感もぼんやりしてきて断念。こりゃ壁を突破が正解か? でもGoogleの航空写真も微妙…。
ただこの辺ダートたくさんあるなあ~

穴尾林道を探してうろつくと、どうやらひとつ北に別のがあった。

でも最初だけ良くて結局行き止まり。

※恒例の逆光写真。幾つかあるのでぜひアルバムを
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000042010050&owner_id=8733981

ま、とにかく2日続けてほとんど収穫なし。帰り道ついでに備中松山城へ。以前R484楢井側からダートで近づけそう(チェーン)だったので、コチラ側の様子見に行くことにした。

一応塞いである最上部まで行くとダートがある感じもしたが、行き止まり。R484側は轍もある結構な林道だったからなあ。シャトルバスの下りてくるお城側は上がらなかった。
※でも今ネットで航空写真を見ると、つながってないようだなあ…。うーむ


ほぼ全容。


まあ今回はちょっとダートを走ることに関してはモノ足りんかったが、細かく走れたし気になってた宿題も行けたし、何と言っても2日も走れた。で、高梁エリアのものすごさ。しばらくはこの辺やってみよう。
今年はどれだけ走れるかわからんが、自分に欠かせないことは間違いない。
一方で、いつもダートばかり気にして本来の旅感覚が薄れてしまっているのも事実。もっと人・まち・自然・食なんかも楽しみたいとさすがに思うようになってきた。どうしてもストレス解消を1日に凝縮しようとすると仕方ないが、精神的にはのんびり走れるのがいい。

そんな2日間だったとさ

日々の仕事は修羅場の様相を呈して来た。この2週間はさらに色んな事が起きそう(いや起きることは決まってる)。
…という訳でここはひとつ何もかも忘れて、贅沢にも2日続けて林道探しという、究極に無駄な趣味に没頭できることになった

で今日は、気になってた近場を。こういうとき、前日から準備万端なんて到底無理で、なんとなく行きたいリストはあるものの、いつ出れるかその前に走れる体調まで持ってこれるかということも実は大きい。
しかもリストも古い地図を眺めてて気になった順に書いたもんなので、ネット調査とか全然してないまったく当てにならんものである。

それでも天気が良くて状況が許せば、やっぱりこれが一番いいリフレッシュ法。頭を空っぽにしてその時々の自然と向き合える。何よりだ。


季節はずれの高温で一瞬迷ったが、昼出だし予備のウインドブレーカーを持ってるので思い切ってメッシュを羽織る。まずは「林道三田(みつだ)線」。倉敷JCT近くの、以前自然を守る会でもらった山歩きの地図に載ってる林道。
この地図には色々書いてあるんだが、唯一「林道」の表記。市街地近いし歩きベースの地図なんで、果たして…
入り口は相当迷ったが…




…残念。ただの舗装林道で最後も行き止まり。一瞬市街地を見下ろせるが、そうでもない。最後もフェンスだが、よく見ると登山道が続いている。ま、倉敷市内っていう貴重さだけでも。

次はさらに近くで安養寺周辺。
新しいK469を通るとダートか?と思った記憶の確認。K24、R429と並んで倉敷総社間を結ぶ第3の道。かなり渋いがどうも新しくでかい道ができるようだ。


…走ろうかと思ったがあいにく作業中で、距離もそんなにない。向かいの坂道があり駆け上がってみる。


鉄塔巡視路と少しまた展望。無理やり登った別の道も、上から登山者の方がたくさん降りてきて退散。ま、走って楽しそうでもないし

ここまでは、こんな感じ。



うーむ。今日はこんなもんかな~?
次は地図で気になって、また吉備中央町へ仕事で何度か行く途中に気になった岡山市掛畑。R429を北上して、K72へちょい入る。
妙見山まで登る感じの道だが、うろうろしたがこれかなというのに入る。


結局ダート入り口でチェーン 私道っぽくもあるが、地図で見てもこれが続いている感じ。残念(左は作業場というか住居のような…)
R429を南下し戻ろうとしたが、折角なんで掛畑口あたりから西に再度アタック。

まったくダートは見つからないが、ここはその奥深さが凄まじいエリアだった。結局再度R429福谷に出たが、途中は「これ大丈夫か」という景色の連続で、やはり1本中に入ると違うなと改めて思った。めちゃめちゃ新鮮。
騙されたと思って、ぜひ走っていただきたい。→Zさん(走行済?)

後半。



…というわけで今日はダートなし。気になったとこに行けたのは良かった。うろついたお陰で100kmと少し。紙の地図であれこれ考えるのも楽しいし、発見もある。
ま、とにかく岡山はまだまだ走れるなあ、と改めて。

(K271、足守にて)