丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

収穫と失敗

いや、まいった。
折角走って来れたのに、帰ってから携帯カメラのSDカードの画像を消してしまったのだ。途中までメモリに保存してたので前半は残ってたのだが、肝心の後半が…。
まあいい。GPSロガーの電池も途中で切れたが、これはほぼ拾っていた。
帰宅は7時過ぎの150kmちょっと、2つ宿題をやっつけた収穫ある1日だった。
↓行きの全行程


…例によっての昼過ぎ出。今日はメッシュジャケットを着た。
R429を北上、そうそうジェベルのエアクリーナーボックスの「豚鼻」を元に戻したんだ。吸気音がうるさくなるだけで、パワー感はあったものの扱いづらいのでやめた。やっぱりノーマルが一番。
途中R429沿いの坂を上ってみたら行き止まりの私有地だったので、脇のダートに入ったら…

例の急勾配病。ブレーキをかけたままずるずると後ろに下がって脱出。いい冷汗かいた

気を取り直して【大師山】へ。



先月も来たが、やはり良い林道だ。分岐も多く本気で散策したら1日つぶれそう。今日は支線に入ってみることにした。

支線の先がさらに分かれてそのひとつ。分かりにくいが、かなり急な下りとなり断念。問題は次だ。

草ぼうぼうなんで歩いて行ってみる。

するとガードレールが出てきた。

でも怪しくなってきたかと思うと、道がなくなった…

反対から見るとこんな感じ。

でもさらにその草を掻き分けていくと、


何と!【引撫大師線】の終点標識。一瞬広くなっているものの完全に道は途切れていた。なんじゃこりゃ?
※写真はここまで。この後の林道、撮りまくったのに残念

↓大師山周辺


またいい汗かいたので本線に戻りK49へ。まあとにかくすごい林道エリアだ。そのまま西へ向かい有漢へ。以前あきらめた【林道】へ。笹目峠を過ぎた右手。お墓のそば。もう1本林道が出来つつあるよう。
とことこ上って行くとそれほど荒れることもなく、K332川関というところに抜けた。やった!地図上では抜けると思っていても、実際抜けると嬉しいもんだ。

↓K49からK332


そのままK332を東へ。さらに分岐の【林道】へ入る。今日の目的はそのK332分岐林道上のT字を左折し、北上できるか確かめること。何となく地図上では行けるようなんだが…
分岐に来た。右折は再びK332に戻ると分かっているので左折。しばらくは快走したものの、途端にえらいことになった。道が小さくなり林の中を走ったかと思ったら途端に今までとは違う感が。時々オフタイヤの跡があるものの、もう「道ではない」状態。
そのうち小屋が見えてきたのでようやく下りたのかと思いきや、「出た感」「出れそう感」がない。道幅も1mを切った。細い登山道のような道になっている。おお、これが世に言うシングルトラックとやらか。何度も歩いて確かめた後、ジェベルに乗って2輪2足。歩くより何倍も高い走破性。

…何・と・か脱出した 今日は冷汗が多い。


この辺、入鹿高原と言うらしい。そこさえ越えると、道もかなり広くなった。地図の通りでこちら側も林道がたくさんある。標柱があった、【林道坂本線】。幼稚園の裏に出たぞ、あ、お墓がある。なるほどなるほど。そういうことか。


自分としては結構ダートを走れた。2つも抜けたし上出来。この辺ではよく知られたルートなんだろうが、自分だけで行けたから特別な感じだ。ようやく、少しずつ話がつながってきたぞー