丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

あの頃の感触と新兵器

4月16日、土曜日。
約1ヶ月振りのツーリングはマイミクくじょう君たちと林道で花見ということになった。しかしここんとこ心身ともに疲れてて正直迷ったが、とりあえず行くことにした。
それでも早く起きれず、チェーン調整だけやって、さらに集合場所と時間をずらして合流することに(ほんとに、申し訳ない)

目指すは旧富村の【富東谷線】。ここの「名木百選・出合の四季桜」をみながら…という次第。が、どうも雲行きが怪しい。ちょっと前の予報では確かに雨で仕事も少しあったので断るつもりだったのだが、晴れそうだったら話は別。仕事もなかったことにした

雨は昨日にずれ込んだとは言え、円城はどんより。正直寒い。温度が上がると踏んで下にトレーナーしか着てない。だんだん晴れるだろうという予報を信じ、R429を北上する。

途中コンビニで食料を調達したが、小雨交じり。二人はカッパを着始めたが、自分はその用意はしていない。しょうがなく向かいのホームセンターで800円のヤッケを買う。その効果はてきめん 行けるところまで行こうと走り出すが、その先はすっかり重い灰色。道の温度計も8~9℃で、まったくの予想はずれ。

【箱線】経由で目的地へ。
…なんとまったく咲いていない。
しかもさっきまでかなり降っていたようなどろどろの路面。やわらかい草地にさっそくくじょう君のDT125がこけそうになる。

とりあえずご飯。
そのためだけに背負ってきたストーブに火を入れる。そして食った久々のインスタントラーメンの美味しかったこと!誰の袋にも箸が入ってなかったので枝を集めたり、食後のコーヒーをもらったり、シェラカップを借りたり…、何か一瞬学生時代を思い出した。そうそう、こんなことしょっちゅうやって楽しかったんだ!


のんびりしたが結局【富東谷線】は進入禁止まで走った。何とここには雪が残っていた。また隣の【羽出谷線】は本線終点まで。その先の支線は急勾配系で断念。唯一2ストのDTはかなりしんどそう。

思いのほか体力を消耗したので帰りは来た道を戻り、大師山周辺のダートをうろつく。やはりここまで下ると安心だ。結局天気も下ると共に回復してきた。結局200kmちょい走った久々のツーリング。たまにはみんなで行くのもいいもんだ。


あまりにぶりが付いたので、翌日は、無くて困った諸々を一気に買った。チタンのスプーン・フォーク、ステンレスのクッカーセット、携帯箸、折りたたみ椅子とテーブル。これからは一杯のラーメンのために林道を走ろう。


それと、これ。
←箱、富東谷、羽出谷の各林道。
←大師山周辺林道。
…ついにGPSロガーを買ったのだ!