丸椅子日記

下手なGSとジェベルと人生。あ、コピーライターです。

激走2

期せずして2週続けての激走と相成った日曜日の話。

10時30スタート、まずはR180をあてもなく北上。今回は先週の補完としよう。
久々にまともにR180を上がるのも新鮮。高梁と新見の境辺りに「済渡寺公園」の文字。入ってみる。

たいそうな看板だったが、意表を付くアプローチを見せぐんぐん高度を上げると何とダートになってしまった。




一旦降りて歩いて確認。大丈夫そうなので行ってみる。

しかもこれ、展望台はまっすぐ行けと。獣道か?

すると広場に出た。

てっぺん茶屋?

どうもこっちらしいが、やっぱりダート。これはやめた。


とりあえず寺らしきものがあるが、公園が見当たらない。




結構新しく立派な気もするのだが、これが何と行き止まり。結局人の気配もないままさっき来たダートを引き返すことに。これR180から誘導する場所か?(Zさん、あとヨロシクです)

気を取り直してR180を北上。K8へ折れる。伯備線を縫うように走る。



お、備中神代駅だ(Zさん、来ましたよ)。さらに上がると先週走ったところに出た。高瀬湖をパスしてさらに西へ。
道後山林道入口だ。結構この辺では有名なダート。




今日は軽装だし250ならなあ、と気分だけ楽しんで後にする。
さすがにここまでくると涼しい、先週よりバイクも見る気がする。

さあどうしよう。ぼちぼちくだるか、今14時30。


展望台やら、



不思議な建物、

なんぞありながら、K11~R183~R314とマップに書いてある通りの快走路を快調に下る。東城ではUターン中のエンストで冷や汗をかきつつも路面を蹴ってリカバリー、しびれる踵でさらに走る。

このままR182をくだるのもなあ、と思ったのが運のつき。経験上快走路の後は酷道と相場が決まっているが、今回はまさにこれ。油木でK9に折れちまった。
一桁県道も侮れない。地図どおりにK77に出るまでに一苦労。陽も暮れ、何の心配もしていなかった雲行きも怪しく、とうとう小雨が降りだした。そうなると一気に暗く悲しげな道のりに。

あとはK411に迷いながらもK77を走りぬけ、R313を南下。井原からはR486を東へ東へ。後の3時間弱はどしゃ降りにはならなかったものの、暗く濡れ続ける我慢の走りで結構な消耗。。。帰宅は18時30となってしまった。
2週連続も距離以上にタフな280kmであった。


「ピンポーン」
…実家から戻ってくるはずの家族かと呼び鈴の鳴った玄関へ行くと、そこに住宅会社の営業がケーキを持って立っていた。
「今日はこのお家、引渡しからちょうど一年でして」
ありがたい心遣い。その夜はみんなでいただきましたとさ。